ヘッドラインニュース

光、光丘高再編統合

県教委が実施計画案・今年度中に策定へ
 県教委は12日、光市の光高(河口郁史校長、434人)と光丘高(伊藤隆昌校長、351人)の再編統合など県立高校の再編整備実施計画案を明らかにした。今後、地元説明会や県民から意見を聞くパブリックコメントも募って今年度中に計画を策定するが、再編統合の時期や本校舎の位置、規模は計画策定後に検討する。

光高

光高

光丘高

光丘高

 同計画案は県議会文教警察委員会(河野亨委員長)で県教委が説明した。計画案には光、光丘高の再編統合、下関市の西市高の分校化や、全県の定時制課程の統合を視野に山口市のJR新山口駅周辺に午前、午後、夜間の3部制の定時制高校の新設が盛り込まれている。
 光、光丘高は統合によって新しい高校を設置し、特色ある学校づくりを進めたいとしている。
 両校の今年度の定員は光は140人、光丘は120人。光高は14、15年度に定員割れした。光丘は1学年3学級で、周南地域で唯一、生徒が科目を選択し学べる“総合学科”を持つ。
 県教委は昨年度策定した再編整備計画で学年は4~8学級が望ましいとしており、さらに今後も両校に通う生徒が多い光市や周南市の中学卒業生の減少が見込まれていることから再編の対象になった。
 この計画案に光高の男子生徒(17)は「11月に開校80周年式典があったばかりなのに再編統合と聞いてびっくり。生徒数が少なくなるなら統合も仕方ない」と話し、光丘高の女子生徒(16)は「うちは総合学科があるから統合はないと思っていた。統合されても総合学科のよさは引き継いでほしい」と期待する。
 同窓会も光高の守田義昭会長は「少子化が進む中で再編統合はやむを得ないと思う。在校生や保護者、卒業生の意見を聞く場は必ず設けてほしい」と話す。
 光丘高の宝迫昌明会長も「校名がなくなるなら寂しいが、充実した教育環境を考えれば仕方ない。市全体の人口減が続けば隣接市の高校との再統合も避けられず、この再編統合が人口減に歯止めのかかる魅力ある光市づくりのきっかけになればと思う」と話した。
 光高は1936年開校の旧制室積高等女学校と、42年開校の旧制光中学が前身で、49年に統合されて光高になった。卒業生は19,885人。
 光丘高は生徒急増対策で83年に設立。2001年に普通科を再編して総合学科を新設した。卒業生は6,705人。