ヘッドラインニュース

英国鉄道車両の陸送公開

3月5日・夜間の運搬を昼間に 下松・ものづくりのまちPRへ
 下松市は日立製作所笠戸事業所(川畑淳一事業所長)が一昨年10月から製造している英国向けの鉄道車両の一般道路を使った出荷の様子が見学できる「陸送見学イベント」を3月5日午後2時から国道188号や県道徳山下松線で開くことを決めた。通常は深夜に進められる作業を昼間に公開することで、全国から鉄道ファンや観光客を呼び込み、「ものづくりのまち下松」をPRする。

運送される英国向け鉄道車両=昨年7月7日、下松市提供

運送される英国向け鉄道車両=昨年7月7日、下松市提供

 英国向け鉄道車両は同社が866両を英国鉄道省から受注。11日現在で約3分の1の240両を出荷している。出荷はすべて下松第2公共ふ頭から大型船に積み込んで英国に送っているが、同事業所からふ頭までの約4キロは深夜に車両を載せたトレーラーが国道や県道を約40分かけて運んでいる。
 この運搬作業を撮影しようと熱心な鉄道ファンが全国から訪れており、今回、市は車両の陸送を観光資源ととらえ、同事業所や下松署、運搬を担当する日立物流などの協力で、この日限定で見学イベントを開くことにした。
 予定では午後2時に同事業所東門を出発し、山下工業所前の交差点から県道に入って西進し、近藤商事近くの交差点を左折してふ頭に向かう。
 見学は沿線の歩道ならどこでもできるが、運搬車両の通過まで歩道橋は立ち入り禁止。切戸川の橋からふ頭手前までの約600メートルの県道や港湾道路を観覧エリアにし、歩道を見学用に開放する。
 当日は職員約100人と、警察官や民間警備員合計約200人で警備に当たり、市民運動場を駐車場にする。市産業観光課の中山昇課長は「ものづくりのまち下松を全国にPRして観光振興につなげたい」と話している。
 詳細は後日改めて発表する。問い合わせは同課(0833-45-1841)へ。