ヘッドラインニュース

「おっぱい都市」から乳がん死ゼロを!

光ロータリークラブ創立35周年市民セミナー 体験者の発表
 光市の光ロータリークラブ(田中正弼会長、47人)の創立35周年記念市民セミナー「もっと知ってほしい。乳がんのこと」が28日、あいぱーく光で開かれ、市立光総合病院外科部長の折田雅彦医師(51)の講演や乳がんの治療で乳房を切除した女性の体験談を約100人が聞いた。

田中会長(左)、市川市長と検診セット

田中会長(左)、市川市長と検診セット

 同クラブは国際ロータリー第2710地区の3カ年戦略計画「がん予防の普及推進」に沿ってがん検診受診率向上プログラムに取り組んでおり、市民セミナーはその第1弾として35周年実行委員会(西本聡士委員長)の主管で開いた。
 最初にしこりがあって乳がん検診の触診方法を学べる乳がん触診モデルを市に贈り、田中会長から目録を受け取った市長は「私も市長就任直後にがん検診で大腸にポリープが7つも見つかって、早期切除で一命を取り留めた。早期の発見と治療の大切さを1人でも多くの市民に広めてほしい」とあいさつした。
 折田医師は「乳がんは早期発見が可能な治せる病気で、がんと診断されることよりがんを放置することの方が怖い。恥ずかしさや面倒くささは捨てて自己検診と乳がん検診を受けてほしい。「おっぱい都市宣言」の光市から乳がんで亡くなる人をゼロにしよう」と呼びかけた。

触診モデルを触る人たち

触診モデルを触る人たち

 乳がんで乳房を切除したみちがみ病院の看護師、石原暁美さん(47)は「胸にしこりを感じた時は不安だった。左の乳房の全摘出術のあと、自身の組織を使って再建手術をしたが、友人と温泉に行っても“全然わからないよ”と言ってくれてうれしかった。1人でも多くの人に検診を勧めていきたい」と話した。
 参加者は市に贈られた乳がん触診モデルを触って「自己検診のコツがわかった」「こんなに固いんですね」などと確認していた。