ヘッドラインニュース

新たに9社の10製品

「周南ものづくりブランド認定」酒、ジャム、クッキー、サンダルも
 周南地域の中小企業が開発した優れた新製品、新技術を認定する「周南ものづくりブランド」の認定書交付式が17日、周南市鼓海の周南地域地場産業振興センター(理事長・木村市長)で開かれ、酒やジャム、クッキー、ジュースやウェブシステムなど9事業者の10製品が新たに認定された。

認定書を持つ事業者ら

認定書を持つ事業者ら


 同ブランドは中小企業の新製品開発の推進や販路開拓、受注拡大などにつなげるのが目的。認定は今回が11回目で、累計で69事業者、90製品になった。
 式には木村周南市長、国井下松市長や両市の市議会議員、認定品の販売を検討する商店などの約80人が出席。各代表者に認定書を手渡した木村理事長は「地場の中小企業の力が最大限に引き出され、成長することで産業発展、雇用確保につながる。ものづくりの代表としての誇りを持って取り組んでほしい」と述べた。
試食もあったブース展示

試食もあったブース展示

 そのあとは認定事業者が各ブースで認定された製品を紹介、試食もあり、多彩な製品が関心を集めていた。認定商品と事業所次の通り。
 [周南市]無濾過原酒 毛利(山縣本店)▽自家焙煎(ばいせん)珈琲 おてがる珈琲・ほたるの里(珈琲豆専門店コーヒーシティ)▽べじふるジャム(熊毛北高&熊毛農産物加工所)▽ふわふわチーズタルト、使っちょらんクッキー(ミニヨン手作り工房カワムラ)▽オリゴのめぐみジャム(オリゴのめぐみ工房フローラ)
 [下松市]Web利用による業務の効率化(ヤマモト工業)
 [光市]国産ビーチサンダル(清水屋)▽番 Tsugai(光井鉄工所)
 [田布施町]プレミアムトマトジュース・アイコの雫(神脇産業)