ヘッドラインニュース

台湾・台東県中小企業協会が訪問

周南市・映画監督・酒井さんの縁で 漢陽寺、はつもみぢなどで交流
 台湾の南東部にある台東県のホテル、旅館経営、特産品販売の民間事業者など14人が5日から7日まで周南市を訪れ、旅館業者とのミーティングなどをした。6日は市役所を訪れて木村市長と交流した。
 14人は台東県中小企業協会の「日本観光産業交流訪問団」で、楊珍琪(ヤン・ゼンチー)理事長(55)や観光民宿、観光農業者、学生、県庁所在地の台東市の市長夫人、市長秘書も加わっている。

記念撮影する市長と台湾の人たち

記念撮影する市長と台湾の人たち

 「台湾人生」などの作品がある周南市出身の映画監督、酒井充子さんが台湾をテーマにした映画を撮り続けている縁で、同市で観光や交流をしたいと訪れたもので、周南観光コンベンション協会(原田康宏会長)が滞在に協力。この日は酒井さんも同行した。
 一行は5日夕方に到着し「日本八大工場夜景都市」に数えられる同市の工場夜景を見学。6日は鹿野の漢陽寺で茶道、せせらぎ・豊鹿里パークでわさび漬けづくりを体験し、飯島町の酒蔵、はつもみぢや徳山駅前商店街も巡り、夜は湯野温泉の旅館、芳山園で旅館業者と意見交換した。7日は道の駅「ソレーネ周南」も視察した。
 市役所で市長は夜景など市の特色を紹介して「新たな経済交流に発展することを期待します。多くの人に周南市の魅力を伝え、再び来てほしい」と話し、来訪者に市のパンフレットやボールペン、絵はがきセットなどを贈った。
 楊理事長は台東市は人口約11万人で、農業と観光で有名なことなどを紹介し、漢陽寺での茶道体験など「日本の文化を体験できるのが素晴らしいと思った」と話していた。