ヘッドラインニュース

東ソー南陽事業所本館建て替えへ

110億円投じ、運営機能を強化。新研究棟の建設も
 東ソーは主要生産、研究開発拠点である周南市開成町の南陽事業所(田代克志事業所長)で、研究棟の新設や本館の建て替えを含めた正面エリアのリニューアルなど運営機能強化計画をスタートさせた。新本館は2018年6月、新研究棟は19年10月の完成予定で、それぞれ現在の本館前のグラウンドに建設する。このほか防災センターなども建て替える。投資額は約110億円。

完成イメージ図

完成イメージ図

 計画のうち新研究棟は同事業所内の老朽化した4棟の研究所を集約することで研究開発機能の拡充、効率化、技術的な相乗効果強化、安全強化を図るもの。
 現在3つある研究所のうち高分子材料研究所は三重県の四日市事業所に集約させるが、残る無機材料、有機材料研究所でスペシャリティ製品の研究開発に力を入れる。これに伴って18年度から5年間で研究員を50人増やす方針。
 ベンチテスト施設やクリーンルームの充実、最新設備も導入し、新規用途開発や新規材料開発の促進も図る。地上4階建てで、延べ床面積は約1万平方メートル。18年8月に着工する。
 新本館は、現在の本館や周辺施設がいずれも築50年以上経過して老朽化していることから、建て替えでBCP(事業継続計画)対応機能の強化を図るもの。
 これにより分散している技術センターや環境保安・品質保証部門を集約し、事業所全体のコントロールタワーとしての運営機能を強化させる。地上4階建てで、延べ床面積は約5,000平方メートル。今年6月に着工する。
 現在の本館、研究棟は新館完成後に解体し、跡地の一部には研究関連施設などを建て、その他は更地にする予定。
 17日には田代事業所長、池田悦哉副事業所長が県庁を訪れて村岡嗣政知事に運営機能強化計画の概要を説明した。