ヘッドラインニュース

周南コンビナート企業では初

【出光徳山】出光プランテック徳山 ユースエール企業に認定
 周南市の出光プランテック徳山(高村通社長)が若者の採用・育成に積極的で、雇用管理が優良な中小企業として厚生労働大臣が認定する「ユースエール企業」に選ばれ、5月29日に山口市の山口労働局で認定通知書の交付を受けた。
 この認定は若者雇用促進法に基づいたもので、県内の認定は8社目。周南では周南市の医療法人治徳会、下松市の中山組に続いて3社目で、周南コンビナート企業では初。

認定通知書と高村社長

認定通知書と高村社長

 認定には新卒者などの離職率が20%以下、正社員の月平均の所定外労働時間が20時間以下、有給休暇の年平均取得率が70%以上などの認定基準がある。
 出光プランテック徳山は出光興産の子会社で、同社徳山製油所の開所と同時期に設立。石油、石油化学製品の入出荷、装置の点検、運転業務、製品の試験分析、保全工事、警備防災業務を手がけ、従業員は213人。
 2015年度は新卒者4人と新卒者以外で35歳未満の5人を採用したが、離職者は1人で、新卒者にはいなかった。1カ月の所定外労働時間が4.3時間、年間の有給休暇取得日数は14.4日だった。
 同社は残業時間が増えないよう事前申請制にして上司がチェックし、一方で仕事の改善、効率化に取り組んでいる。
 高村社長(56)は「労働環境が優良であることを国の機関が認めてくれたことで、安心して(社員採用に)応募できるとPRしたい」と話している。

動画作って地元に誇りを

周南JCが小学生対象「You Tube道場」7月29、30日・徳山商店街
 周南、下松市の周南青年会議所(JC)(中川智加良理事長、104人)は動画投稿サイト、You Tubeを活用した動画制作教室「You Tube道場~この地域のここにしかないもの」を7月29、30日に周南市糀町のピピ510で開く。実際に徳山商店街での撮影や編集、投稿も体験でき、両市の小学4~6年を対象に参加を募集している。

ポスターを持つ左から中川理事長、中野淳青少年委員長、河野一志副理事長

ポスターを持つ左から中川理事長、中野淳青少年委員長、河野一志副理事長

 この教室はYou Tubeに自作動画を投稿する“ユーチューバー”が人気を集める中、東京のユーチューバーでYou Tube内チャンネル「ABTVnetwork」で活動している荻野龍登さんを講師に招くもの。荻野さんは国内ユーチューバーの先駆者、ヒカキンのチャンネル「HikarinTV」のオープニング映像も制作している。
荻野さん

荻野さん

 制作する動画は「徳山商店街のここにしかないもの」がテーマ。高校卒業後は大学進学などで地元を離れる人が多い中で、動画制作を通じて今まで知らなかった地域の魅力に接してもらい、将来、地元で活躍したいという気持ちを育てようと企画した。事業費は115万円。
 道場では3人1組になって29日は動画の企画から撮影、編集までを体験。30日は制作した3分ていどの動画を投稿し、公開された動画を全員で視聴して感想を話し合う。撮影から投稿まですべての作業は当日貸し出されるiPadでする。
 1日に周南市みなみ銀座の和光ビルで記者会見を開いて教室の開催を説明した中川理事長(40)は「自分を表現する力を育み、この地域に誇りを持ってもらう事業にしたい」と話していた。
 両日とも午前9時から午後4時まで。参加費は昼食付きで1,000円。定員50人で、申し込み多数の場合抽選。希望者は6月20日までに申込書を同JCにFAX(0834-28-3455)するかホームページから申し込む。問い合わせも同JC(29-1436)へ。