ヘッドラインニュース

がん患者支援へウオーク

リレー・フォー・ライフ参加者募集 9月16、17日・周南市陸上競技場
 がん患者などを支援するチャリティー活動の『リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017やまぐち』(新周南新聞社など後援)が9月16、17日、周南市陸上競技場で開かれることになった。がん患者や支援者が夜を徹してトラックを歩き続け、がん関連のワークショップや演奏会などのイベントも開くもので、参加者やボランティアスタッフなどを募集している。

リレーへの参加を呼びかける船崎さん

リレーへの参加を呼びかける船崎さん


 リレー・フォー・ライフは米国で始まり、日本では2007年に兵庫県芦屋市で本格的な活動がスタートした。目的はがんを乗り越えて今を生きる患者と家族や支援者、患者の遺族などをたたえ、支えることと、亡くなった人の追悼、がんの早期発見の啓発、あわせて患者の支援活動のための募金活動もしている。
 10年目となった昨年は日本対がん協会などが主催して全国49カ所で開かれ、県内では周南市のライフスタイル協同組合代表理事の船崎美智子さん(59)を実行委員長に昨年10月に初めて美祢市であった。
 この時は秋吉台国際芸術村に300人が集まり、24時間歩き続けるリレーには15チームが参加し、17万2,469円を研究のため医師を海外に派遣する活動や新薬の開発のために寄付した。
 今回の周南市での開催も船崎さんが実行委員長を務める。船崎さんの市職員だった夫の克巳さんは、胃がん、肺がん、肝臓がんを次々に発症して七年半の闘病のあと昨年2月に58歳で亡くなった。
 リレー・フォー・ライフは克巳さんの生前から県内でも開きたいと話し合い、亡くなる前年には広島市で開かれた大会に夫妻で参加していたことから実行委員長を引き受けた。
 船崎さんは父母もがんで亡くしており、この活動を通じて「検診率アップを呼び掛けるとともに患者について伝え、話し合える場を作りたい」と話している。
 9月16日は午後2時からオープニング。一晩、リレーを続けて夜明けを迎え、17日午前11時がフィナーレ。トラックの周囲にルミナリエと呼ばれる高さ40センチ、幅20センチほどのメッセージを記した紙製の灯ろうを並べ、夜はその中に明かりを灯す。
 サバイバーと呼ばれるがんの経験者、患者、家族や医療関係者、一般市民など誰でも参加でき、チームに入っていなくても時間内の都合のいい時に訪れて歩くことができる。
 交流のためさまざまなイベントもあり、昨年の美祢市ではトークショーや金子みすゞの詩の朗読、オカリナ演奏、マジックショーなどをした。シンボルカラーの紫色のTシャツなどグッズも販売した。
 今回の開催に向けて実行委員や、会場の設営、ルミナリエの設置など当日のボランティアスタッフ、参加チーム、メッセージのルミナリエを募集中。
 参加協賛費はサバイバー、高校生以下は無料、そのほかの人は500円。随時、ホームページで情報を発信しており「リレーフォーライフ山口」で検索できる。山口市の県予防保健協会内にある実行委員会事務局の電話は080-8230-4165、FAX083-923-5567。
昨年の美祢市でのリレー

昨年の美祢市でのリレー

昨年の美祢市でのリレー

昨年の美祢市でのリレー

ルミナリエが並ぶ会場=昨年の美祢市

ルミナリエが並ぶ会場=昨年の美祢市