ヘッドラインニュース

フランス雑誌に周南市が登場

水素の先進的取り組みで、水素ステーションなど取材
 “水素先進都市”を掲げる周南市の水素に関する取り組みが、フランスの季刊誌「ハイドロジェニウム」に取り上げられた。木村市長がインタビューに答える形式で全国初の燃料電池自動車のカーシェアリング事業、漫画を使った小中学生への普及啓発活動などが紹介されている。

周南市が特集されている「ハイドロジェニウム」

周南市が特集されている「ハイドロジェニウム」

 ラ・ドキュメンタシオン・パールモンテール社が発行。同社の別の季刊誌はフランスのヨーロッパ選出議員や上下院議員、主要都市の首長、公共・民間企業の代表などに定期購読されており、今回の「ハイドロジェニウム」は「季刊 2017年春 第1号」として発行された。タイトルは「水素+頂点」を表す造語。
 ヨーロッパでもエネルギー転換が課題となる中、フランスと日本の自治体や企業の先進的取り組みをまとめ、燃料電池バスを導入した東京も、小池百合子都知事を登場させて紹介している。
 周南市には2月に日本人記者が訪れて市長に話を聞き、市商工振興課が鼓海のイワタニ水素ステーション山口周南などを案内した。
 記事では「シビックプライド!」の見出しで、全国初の燃料電池ごみ収集車の実証実験や、徳山動物園などの電力・温水供給に水素が使われていることも紹介している。
 全20ページのうち周南市はインタビューが見開き2ページで掲載され、このほか背表紙に鼓海のイワタニ水素ステーション山口周南の写真、裏表紙には水素を製造している㈱トクヤマ徳山製造所の工場写真も使われている。
 同課は「世界に注目され、認めてもらえていることは驚きと同時に自信にもなる。引き続き水素の最先端の取り組みを市で進めていきたい」と話していた。