ヘッドラインニュース

妊産婦の負担を軽減

【周南市】産前・産後サポーター派遣事業スタート
周南市は妊婦や出産後間もない母親などに助言や家事、育児支援をする「産前・産後サポーター」を自宅に派遣する事業を1日から始めた。
 少子高齢化、核家族化などで身近な家族による産前、産後の支援が受けられない人が多くなる中、家庭や地域での孤立感を解消して育児不安や負担の軽減を図るのが目的。今年度の事業費は約300万円。県内の市町では長門市も同様の事業に取り組んでいる。
 サポーターは市内の指定訪問介護事業者が派遣する、准看護士、介護福祉士や訪問介護員の資格を持ち、子育てに関する知識や経験がある人。妊娠や出産、子育てに関する悩みや困りごとの相談に乗って助言するほか、食事の準備や洗濯、掃除、買い物など家事、授乳やおむつ替えの補助など育児の支援もする。ただしサポーター1人に乳児の世話を任せることはできない。
 利用料は1日1回、午前8時から午後6時までの2時間以内で500円。市町村民税非課税世帯、生活保護世帯は無料。妊産婦1人につき20回まで利用できる。
 対象は市内の妊娠中か出産後五カ月未満の妊産婦のうち、日中に支援する人がおらず、心身に不調や強い育児不安がある人。利用希望日の1週間前までに市健康づくり推進課に利用申請書を出して申し込み、サポーターとの事前打ち合わせも経て派遣される。問い合わせも同課(0834-22-0850)へ。

やまぐちブランドに「西京の涼風」

やまぐちブランドに「西京の涼風(すずかぜ)」、日本酒27品も認定
 県が開発したリンドウ「西京の涼風」が、品質に優れた農林水産物などを選ぶやまぐちの農林水産物需要拡大協議会(山本伸雄会長)の「やまぐちブランド」に認定され、6月30日、周南市鼓海の徳山花市場で登録証交付式があった。

廻本部長(左)から登録証を受け取る藤井さんと「西京の涼風」

廻本部長(左)から登録証を受け取る藤井さんと「西京の涼風」

 西京の涼風は濃い青紫の花が咲き、通常のリンドウより早い時季に出荷できるのが特徴。主に周南、下関、山口市などで作られ、栽培面積は85アール、生産者は47戸。
 出荷時期は6月中下旬から7月下旬までで、ともに県のオリジナル品種の5月下旬からの「西京の初夏」、7月下旬からの「西京の星空」のシリーズで切れ目のない出荷ができるようになっている。
 今回は出荷が本格化することから、西京の初夏に続いてやまぐちブランドに選ばれた。
 交付式では同協議会事務局のJA全農やまぐち営農推進部の廻本(さこもと)学部長から県花卉園芸農業協同組合リンドウ部会長の藤井久生さん(81)に登録証が手渡された。
 通常のリンドウより早く出荷されることから各地で需要が高まっており、須々万で10年以上リンドウを育てている藤井さんは「生産者にとって大きな励みになる。高齢化などで生産が追いつかないのが課題だが、特産品として育て上げていきたい」と話していた。
 なお、今年度は日本酒27品も新たにやまぐちブランドに認定され、これで登録は95品目になった。
 周南では周南市のはつもみぢの「純米大吟醸原田西都の雫」▽山縣本店の「超特撰大吟醸毛利公」「純米毛利公」▽中島屋酒造場の「純米大吟醸寿」「純米吟醸中島屋」「純米吟醸西都の雫寿」が登録されている。