ヘッドラインニュース

下松市内に歯科衛生士専門学校開設へ

広島の三宅学園が下松市と協定・2019年4月に開校
 下松市内に2019年4月に歯科衛生士を養成する専門学校の開設を予定している広島市の三宅学園(三宅雄次郎理事長)は6日、下松市役所で同市と6項目の基本協定を結んだ。市内での専門学校の開校は初めて。

協定書を持つ三宅理事長(左)と国井市長

協定書を持つ三宅理事長(左)と国井市長

 同学園は広島市で広島デンタルアカデミー専門学校や広島県海田町で海田幼稚園、海田保育園を経営している。歯科衛生士は全国的に不足気味で、新たな専門学校の進出先に広島からのアクセスがいいうえ、人口が増加し東洋経済新報社の〝住みよさランキング〟で全国上位の同市を選定したという。
 専門学校は3年制で1学年50人。講師は広島から派遣するほか下松周辺の歯科医師も考え、職員も地元雇用を優先するという。
 協定は市が専門学校の設置に協力し、支援することや「地域の関係医療機関等と連携し地域医療の充実に努める」「設置が迅速かつ円滑に進むよう相互に協力」するなどで、国井市長は「専門学校の開校で街に一層活気が出る」と歓迎した。
 歯科衛生士養成の専門学校進出は、中国地方で唯一、高校で歯科助手資格が取得できる綜合ビジネス科医療ビジネスコースを持つ光市の聖光高にとっても朗報。同校は「卒業生の受け入れ先が増え、歯科助手よりワンランク上の歯科衛生士を今まで以上に目指しやすくなる。どう連携できるかを考えたい」と歓迎している。
 場所は未定だが、三宅理事長は「2、3の候補地はあるが絞り切れていない。なるべく早く決めたい」と話している。