ヘッドラインニュース

「Chixi」が10周年

日本初のイラストSNS 新サービス“黒歴史にっき”も
 光市上島田のステラリンク(石川博之社長)が運営するイラスト特化型SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の「Chixi(ちぃ)」が10周年を迎えた。同社はこれにあわせて新機能“黒歴史にっき”の追加や記念イラストの募集もしているほか、今後1年間を通してイラストコンテスト、サイトのリニューアルなどの記念事業を展開する。

「Chixi」のトップページ

「Chixi」のトップページ

 Chixiは「絵を描く人同士が気兼ねなく交流し、一緒に共感したり笑ったりできる環境を作りたい」と個人の有志らが2007年7月7日に日本初のイラストSNSとして開設。国内最大手の「pixiv(ピクシブ)」よりも2カ月早いスタートとなっている。
 当時、周南市の会社でプログラマーとして働いていた石川さんが主に管理し、安定的なサービスをと09年6月からはステラリンクを設立して続けてきた。
 専用のソフトがなくてもサイト上で絵を描ける機能があり、利用者は絵や日記を投稿してほかの人の絵にコメントを残したり“goodボタン”を押すことで応援もできる。また線画と塗りを別々の人がする“こらぼ~ど”や、リアルタイムで複数人が絵を描いて交流できる“お絵かきチャット”などもある。
 新機能の〝黒歴史にっき〟はChixiに登録して初めて投稿した絵と直前に投稿した絵を同時に表示して「Twitter(ツイッター)」などを通じて発信もできるもの。黒歴史(なかったことにしたい過去を指すインターネット用語)とも呼べる未熟な絵と最新の絵を並べて成長を確かめることがイラストの楽しみ方の1つとして定着していることから導入した。
 現在は主婦など約1万人が登録し、これまでインターネット上の交流のほか、実際に利用者同士が集まる「オフ会」も東京などで開かれてきた。

石川さん

石川さん

 石川さんは「大変な時期もあったが、楽しく使ってくれている人がいるから続けてこられた。今後もより楽しく交流できるようなサービスをしていきたい」と話している。