ヘッドラインニュース

燃料電池車の電気を家庭用に

【周南市】可搬型外部給電器を導入、イベントや災害時にも
 周南市は燃料電池自動車などの電気を家庭用電源に変換できる可搬型外部給電器を導入した。排気ガスや騒音も出さずに安定した電力が供給でき、今後、災害時の非常用電源や、各種イベントでも活用していく。
 これは本田技研工業(本社・埼玉県)が昨年3月に発売した「POWER EXPORTER 9000」。5月にはロックバンド「LUNA SEA」のライブでも使用されており、水素の利活用、普及啓発に積極的に取り組む市が税込み118万円で購入した。県内の自治体での導入は初めて。

給電器に触って説明する内海さん

給電器に触って説明する内海さん

 規格の合う燃料電池自動車や電気自動車の電力を使って最大9キロボルトアンペア(kVA)の出力ができ、市が市民に貸し出すカーシェアリング事業に活用している「ホンダ クラリティ フューエルセル」に接続した場合は一般家庭の約7日分の電力をまかなえる。市が導入しているトヨタ自動車の「ミライ」からも給電できる、
 重さは約51キロ。タイヤが付いているためキャリーバッグのように持ち運べる。
 14日には市役所公用車置き場でデモンストレーションがあり、実際に「クラリティ~」の電力で冷風機、投光機、マイクを作動させてみせた。本田技研工業環境車市場開発室グループリーダーの内海邦男さんは「静かなので、お祭りや野外カフェなどにも利用してほしい」と話していた。