ヘッドラインニュース

You Tube道場で動画

【周南JC】徳山商店街で「ここにしかない」捜す、小学生50人が会員と
 小学生が動画共有サイト、You Tubeに投稿する動画を作る“You Tube道場”が7月30、31日、周南市のピピ510で開かれ、50人が主催の青年会議所・JC(中川智加良理事長)の会員47人と「この地域のここにしかないもの」をテーマにタブレット型端末を使って徳山駅周辺の商店街などで撮影した動画を編集した。

撮影する会員と子どもたち

撮影する会員と子どもたち

 これは子どもたちに将来、地元で活躍してほしいという願いとJCの会員が仕事などでYou Tubeを使うきっかけにもしようと青少年委員会(中野淳委員長)が担当して開き、講師に映像作品を制作するビデオグラファーの荻野龍登さんを迎えた。
 1日目はピピ510で説明を聞いたあと17のグループに分かれ、タブレット型端末を手に街を歩いた。2日目は撮った映像を編集し、グループごとにどう見せるか、話し合いながら動画を作り上げた。

話し合う参加者

話し合う参加者

 徳山小6年の山田伊織君は「歴史のある菓子店や新しいプリクラ、アイスクリームの店の店員さんにインタビューした。次は自分で商品紹介をしてみたい」、花岡小4年の原田辰君も「徳山駅の駅員さんにどんな仕事をしているのか、インタビューした」と話して楽しそうだった。
 完成した動画は同JCでチェックしたあと20日以後に投稿する。