ヘッドラインニュース

逃げようと転んでケガした児童も

周南市・昨年度の野犬被害情報49件
 8月3日に周南市内で50歳代の女性が野犬にかまれた事件を受け、9月12日に開かれた市議会一般質問で今後の対応などが問われた。その中で昨年度は野犬に追いかけられた、群れに囲まれた、車を傷付けられたなど被害の情報が49件寄せられ、そのうち小学生が逃げようとして転んですり傷を負った事案が2件あったこともわかった。

野犬=13日、周南緑地東緑地公園で

野犬=13日、周南緑地東緑地公園で

 野犬については島津幸男議員(無所属)がただした。今回、被害にあった女性は市野球場付近でランニング中、野犬の群れに囲まれ、うち1匹に右太ももをかまれたもの。市内では周南緑地公園などを中心に市街地の広い範囲で野犬の増加が問題になっているが、人がかまれたという報告はこれが初めて。
 女性は軽微な内出血だったが、その後の市の対応を問われると木村市長は「治療費などの問い合わせもあったが、市としてできる誠心誠意の対応をし、自費でとご了承いただいた」と報告。事件後は担当の環境政策課に加え、公園花とみどり課、文化スポーツ課で協力して夕方の見回りをし、周南緑地公園周辺に大型捕獲おりを設置したことなど対策も説明した。
 また昨年度の被害の情報について島津議員が「公表しなかった理由」をただすと、市長は「ホームページなどで公表はしていたが、被害の数は出していなかったので、今後は定期的に公表したい」と答えた。
 さらに島津議員が市内の小中学校での対策をただすと、久行竜二教育部長は「周南緑地など遭遇の可能性が高い小中学校には、保護者を含めてむやみに刺激することなく、目を合わさず、背中を向けて走り去らないようにしながらすぐに離れるなど具体的な対応や、学校などにしっかり連絡するよう指導している。喫緊の被害が予測され
そうな時は教員同伴で一斉下校、保護者に引き渡すなどの対応をマニュアル化している」と述べた。