ヘッドラインニュース

酒井監督の「台湾萬歳」

【下松】12日・MOVIX周南で上映、3部作最終章、舞台あいさつも
 周南市出身の映画監督、酒井充子さんの台湾3部作の最終章となる新作ドキュメンタリー映画「台湾萬歳」が12日午前11時と午後6時半からの2回、下松市のMOVIX周南で上映される。県内初公開で、各回とも酒井さんの舞台あいさつがある。

映画の一場面

映画の一場面

 酒井さんは1969年生まれ。台湾を題材に映画を製作するようになったのは1998年に台湾で日本語で話しかけられたことがきっかけ。台湾は1895年から1945年まで日本が統治したが、その際、日本語で教育を受けた「日本語世代」の存在を知り、自分があまりにも知らないことに気づかされたという。
 映画にすることを決意して何度も台湾を訪ね、勤務していた北海道新聞の記者をやめて2002年から製作に入り、5人の日本語世代の人生に焦点を当てた第1作の「台湾人生」を完成させ、09年に公開された。
 13年には「台湾アイデンティティー」で戦後の国民党独裁時代から現在までの戦後の時間を描き出した。
 「台湾萬歳」は市井の人々を描くことで、より広く台湾の奥深さに迫った作品。アミ族、ブヌン族、タオ族など多様な民族が暮らす自然豊かな台東県に住み込み、日本人が持ち込んだ「カジキの突きん棒漁」が今も続けられている町で「祈り」「命への感謝」「家族」、時代が変わろうとも「変わらない台湾」を描く。上映時間は1時間33分。
 東京や大阪、名古屋など全国で公開が広がっており、今回、故郷で上映会が決まった。
 チケットは前売り1,300円、当日1,800円。5日からMOVIX周南(0833-45-2600)で販売している。14日からは萩市の萩ツインシネマ(0838-26-6705)での公開が決まっている。