ヘッドラインニュース

認知症行方不明者の早期発見へ

【光】ひかり見守りネット活動本格化、民間57団体加え174団体に
 認知症のために道がわからなくなり、行方不明になる高齢者の早期発見と保護を目指して光市内の174事業者が参加する“ひかり見守りネット”の協力機関認定証交付式が12日、あいぱーく光で開かれた。一昨年から準備を進めてきた活動が民間も加えた形で本格スタートした。

交付式に参加した人たち

交付式に参加した人たち

 同ネットは認知症の高齢者の情報を市に事前に登録することで、登録情報を活用した見守り活動で行方不明にならないようにしたり、行方不明になった時は協力機関に登録情報を配信して早期発見と保護を目指す。
 同ネットは一昨年11月に市や光署、光地区消防本部、市民生児童委員協議会など117団体が参加して始まり、1月には行方不明者発生時にメール配信と防災行政無線を活用した呼びかけをスタート。今回は在宅介護支援センター、介護サービス事業所、スーパー、交通機関、コンビニエンスストアなど民間事業者57団体が加わった。
 交付式では参加団体を代表して市民生児童委員協議会の池田芳晴会長に同ネット協力機関依頼証、新しく参加した団体を代表して大和タクシーの轟紀子社長に同協力機関登録認定証を市川市長が渡した。市長は「幅広い市民の温かい目で見守り活動を進めよう」とあいさつした。
 同ネットの登録相談など問い合わせは市高齢者支援課地域包括支援係内、市地域包括支援センター(0833-74-3002)へ。

商工会館移転、おもてなし向上

【徳山商議所】課題に5専門委
 周南市の徳山商工会議所(宮本治郎会頭)は13日、遠石会館で臨時議員総会を開き、商工会館移転検討委員会(委員長・渡辺慎二出光興産徳山事業所副所長)など5つの専門委員会の設置が報告された。
 この日の議題は新入会員9社の入会承認、来年度に向けた市への施策要望の2件。報告事項では異動などに伴う議員の職務を務める人の変更、会員増強運動の表彰などがあった。
 地域や商議所の課題に取り組む専門委員会の設置は8月の常議員会で決まった。商工会館移転検討委は栄町にある現在の商工会議所ビルは建設から49年経って老朽化が進んでいるため、移転に向けて具体策を策定する。
 このほか、新南陽商工会議所との連携委(委員長・原田康宏はつもみぢ社長)▽ホテル・コンベンション施設検討委(委員長・黒神直大遠石会館社長)▽おもてなし向上委(委員長・近間純栄周南自動車センター社長)▽部会編成検討委(委員長・堀信明周南マリコム会長)が活動を始めている。

牛の乳頭保護資材を開発

【㈱トクヤマ】乳房炎防止へ簡単シール式
 周南市に徳山製造所を持つ㈱トクヤマは乳牛の乳房炎の防止へ、扱いが簡単な乳頭に張り付けるシール式の保護資材「ティートナー」を農業・食品産業技術総合研究機構(本社・茨城県つくば市)と共同で開発した。11月1日から日本全薬工業から全国に販売される。
 同社によると乳量や乳質の低下の原因となる乳房炎の経済的損失は国内で年間800億円と言われ、その防止には市販の液体状の保護資材もあるが、前処理作業や付着後の乾燥に時間がかかり、数日で効果がなくなるなどの課題があった。

乳牛につけられたティートナー=㈱トクヤマ提供

乳牛につけられたティートナー=㈱トクヤマ提供

 今回開発したティートナーはウレタン系樹脂フィルム素材を使ったシール式の保護資材で、乳房炎の原因となる細菌の侵入を物理的に防ぐことができる。簡単に張り付けられ、従来の保護資材に比べて保護機能に優れ、最大2週間ほど使えるのが特長。
 国内での売り上げは数億円規模を見込んでいるが、乳牛の数は米国が日本の約10倍、欧州は約30倍いることから、将来的に海外展開もしていく予定。

11月3日・周南みなとまつり

【周南(徳山)】2階建てバスツアー、地酒横丁、徳山港クルーズも
 周南市の徳山港、JR徳山駅、みなみ銀座を会場にする第1回周南みなとまつり“ミナトのミーツ”が11月3日午前10時から開かれる。飲食ブースが並び、みなみ銀座では県内14蔵の日本酒を味わえる「地酒横丁」が出現、2階建てオープントップバスによるぐるっと周南バスツアー!!、徳山湾で親子体験フィッシング大会がある。

オープントップバス

オープントップバス

 徳山、新南陽商工会議所、徳山港振興会、県漁協などの実行委員会(原田康宏委員長)の主催、市の共催で、周南観光コンベンション協会が主管する。周南の玄関口の徳山港や徳山駅、周辺の商店街で開く新しい秋のイベントで、英語で出会いという意味の「ミーツ」を名前にした。

銀河

銀河

 2、3日には船で湾内をめぐる徳山湾ランチ&ディナークルーズ銀河もあり、参加者を募集している。
 地酒横丁は午後1時半から。1,500円で10杯の酒を味わえる。徳山駅の自由通路ではミニSL下松べんけい号の運行などがあり、駅からフェリーターミナルまでの市道は歩行者天国にしてビアガーデンや飲食ブース、ターミナル南側の広場にもパン、菓子、雑貨などのブースが並ぶ。この日は午後6時まで灯台の一般公開もある。
 バスツアーは午前11時から午後6時まで徳山港発着で6回運行する。所要時間は50分で、周南大橋などを訪れ、夫婦漫才の山口ふく太郎・ふく子も同行して盛り上げる。各便42人で、中学生以上1,000円、4歳から小学生までは500円。3歳以下は安全上、乗車できない。
 親子フィッシング大会は2時間半の船釣りで、徳山港を午前9時半と、午後1時半に出港する。定員は各回30人。中学生以上3,000円、小学3年生以上2,000円。2年生以下は参加できない。
 先着順で、バスツアー、フィッシング大会とも申し込み、問い合わせは周南観光コンベンション協会(0834-33-8424)へ。締め切りは24日。
 クルーズはクルージングシップ銀河(602トン)を使用。2日は2便で午前11時からランチクルーズ(大人6,000円、小学生3,500円、幼児2,000円)と午後6時15分から工場夜景ディナークルーズ(大人16,000円、小学生7,000円、幼児4,500円)がある、所要時間は2時間。
 3日は午前11時から独身男女の辻コンクルージング(男性13,000円、女性7,000円)、午後2時半からちょい乗り体験クルーズ(大人1,500円、小学生800円、幼児無料)、6時から工場夜景ディナークルーズ(スタンダードディナー大人13,000円、小学生6,000円、幼児4,000円▽メモリアルディナー大人16,000円、小学生7,000円、幼児4,500円)がある。ちょい乗りクルーズ以外は食事付き。
 クルーズの申し込み、問い合わせはJTB中国四国徳山支店(22-0808)へ。

オープンイベント大盛況

【周南市】ボートレース徳山に新中央スタンド
 周南市のボートレース徳山の新中央スタンドが9日、オープンし、先着1,000人に紅白まんじゅうや場内利用券などの記念品が配られ、キンタロー。、AMEMIYAのお笑いLIVEなどのイベントもあって、開場前に1,000人が並び、新施設で早速、舟券を買う人もいた。

ステージがあるラウンジ

ステージがあるラウンジ

 新スタンドは一部6階建てで、舟券の投票所のほか1階にステージもあるラウンジやウッドデッキ、キッズルーム、2階に観覧席やカフェ、3階に特別観覧施設ROKUがある。建物の外側にも売店や食堂があり、芝生の広場が広がっている。

テープカットする市長ら

テープカットする市長ら

 オープンに先立ってラウンジで200人が参加して記念式典が開かれ、木村市長は「愛され、親しまれ、訪れていただける、わくわくどきどきのレース場です」と紹介。中国運輸局の吉田正彦次長も祝辞を述べた。
 続いて日本財団から市社会福祉協議会へ防災機材が贈られ、同財団の前田晃専務理事が市社協の佐原昌弘会長に目録を手渡した。
 機材はテント8張り、LED(発光ダイオード)バルーン灯光器8台、移動式炊飯器3台、可搬型外部給電器2台、デジタル簡易無線機20台、発電機、車椅子対応型トイレなど。山田専務は新スタンドを防災、避難の拠点にも使ってほしいと述べた。
 そのあとスタンドの前で市長らがテープカットしてオープン。餅まきもして祝った。この日は場外発売だけでレースはなかったが、5,960人が入場した。10日から13日までオープン記念競走が開かれている。

茂呂居さんが漁師に

【光】3年間の研修修了、父親に続いて1人立ち
 光市が国、県、県漁協と取り組んでいる長期漁業研修の修了式が6日、市役所で開かれ、3年間の研修を終えた光井の茂呂居悠成さん(19)が新たに漁師の仲間入りをした。

左から茂呂居悠成さん、市川秀次さん、茂呂居諭さん

左から茂呂居悠成さん、市川秀次さん、茂呂居諭さん

 この制度は漁業就業者の確保、育成を目指すもの。茂呂居さんは埼玉県出身だが、小学生のころから漁師にあこがれ、これを知った父の諭さん(39)がまず漁師を目指して2011年に光市に家族で移住、2年間の研修を経て現在は戸仲漁港を拠点に漁師をしている。
 悠成さんは県漁協光支店運営委員長の市川秀次さん(63)を師匠に3年間研修し、今回、「海成丸」と名付けた漁船を手に入れ、11月から底引き網漁で一人立ちする。
 この日は市川市長に続いて市川秀次さんが「事故に遭わないようゆっくり、落ち着いて作業し、お父さんに追いつき、追い越してほしい」と激励。悠成さんは「少しでも早く一人前になって先輩の漁師に追いつきたい」と決意を述べた。
 諭さんも修了式に出席し「これからはライバル。追い越されないようにしたい」と笑顔を見せていた。

敬老祝い金・周南3市に特徴

【金曜記者レポート】下松市は75歳以上全員に 対象者、負担額は右肩上がり

 9月18日の“敬老の日”に前後して周南3市では敬老祝い金(周南市は長寿祝い金)が高齢者に配られた。配布の対象や金額は3市それぞれだが、3市ともほとんどの対象者に民生委員が直接手渡して安否や健康状態を確認する機会にもなっている。内容を比較してみた。(山上達也)

民生委員から敬老祝い金を受け取る中村さん=下松市桜町

民生委員から敬老祝い金を受け取る中村さん=下松市桜町

【下松市】75歳全員に一律5,000円
 下松市は75歳以上の市民全員に毎年1人5,000円を現金で支給している。2000年4月に初当選した井川成正前市長が「今の日本を築き上げた高齢者は市民みんなの宝物。感謝の気持ちを市を挙げて表したい」と選挙公約を実行する形で同年9月から導入した。
 対象者は年々増えて今年度は全人口の約15%の8,625人に支給した。支給総額は4,300万円を超える。
 配布方法は民生委員が受け持ちの区域の対象者を一軒々々訪問して現金の入った封筒を本人に渡し、受領印をもらう。そこでのやり取りで安否や健康状態を把握して民生委員活動に生かしている。老人ホームや病院など施設の入所者には市職員が届ける。
 桜町の一部を担当する民生委員の中村一男さん(69)は91人を担当。受けとった桜町2丁目の中村菊代さん(91)は「毎年このお金で服を買い替えています。どんな服を買うか、楽しみです」と話す。中村一男さんも「接点の薄い人でもこの制度があるから最低でも年1回はお目にかかれる。届ける件数の多さは苦になりません」と話す。
 県内では70歳代以上の全員に毎年支給しているのは下松市と和木町だけになっているが、小林樹代史市健康福祉部長は「感謝されており、縮小や廃止は考えていない」と現在の形で続ける考えを示している。

光市の商品券とのし袋

光市の商品券とのし袋

【光市】市内共通商品券で節目支給
 光市と周南市は節目支給。光市は88歳に1万円、99歳に2万円、100歳以上は3万円を敬老祝い金用に市が発行する市内約130店で使える共通商品券で配布している。今年度の支給総額は520万円。
 商品券を入れるのし袋は結婚式で使うような豪華なもので、上書きは一筆々々すべて毛筆による手書き。さらに100歳以上の人には市社会福祉協議会と県共同募金会市委員会からのイオン商品券5,000円も添えている。
 配布は民生委員が受け持ちの地域を回り、安否や健康状態を確認するのは下松市と同じ。市高齢者支援課の藤岡信高齢福祉係長は「右肩上がりで対象者は増加しているが、高齢者に感謝の気持ちを込めて制度を続けたい」と話す。

周南市長名入りの祝賀メッセージ

周南市長名入りの祝賀メッセージ

【周南市】市長名の祝賀メッセージ添えて
 周南市も88歳、99歳、100歳以上に支給し、いずれも1万円を現金で支給している。総額は980万円。
 昨年まで88歳と99歳にはフォトフレームを記念品として添えていたが、今年度から100歳以上を含む全員に木村市長名の祝賀メッセージを添えて配っている。配布はやはり民生委員が受け持ち区域の対象者に届けている。
 周南市が発足した2003年から05年までは下松市と同じ75歳以上の市民全員に5,000円を支給していたが、以後は現在の形になった。
 さらに縮小を求める声は市議会にもなく、市高齢者支援課の神本佳代高齢者支援担当係長は「受け取った高齢者からお礼のはがきをいただくことも多い。できるだけ長く続けられるように努めたい」と話している。

周南3市の敬老祝い金の支給状況(9月1日現在)=本社調べ

周南3市の敬老祝い金の支給状況(9月1日現在)=本社調べ


 少子高齢化が進み、所得の再配分が現役世代に比べて高齢者世代に手厚いとして高齢者への医療や介護など社会保障制度を見直す流れにあるが、周南3市では高齢者の長寿を祝う制度は、これからも続けられそうだ。

酒井監督の「台湾萬歳」

【下松】12日・MOVIX周南で上映、3部作最終章、舞台あいさつも
 周南市出身の映画監督、酒井充子さんの台湾3部作の最終章となる新作ドキュメンタリー映画「台湾萬歳」が12日午前11時と午後6時半からの2回、下松市のMOVIX周南で上映される。県内初公開で、各回とも酒井さんの舞台あいさつがある。

映画の一場面

映画の一場面

 酒井さんは1969年生まれ。台湾を題材に映画を製作するようになったのは1998年に台湾で日本語で話しかけられたことがきっかけ。台湾は1895年から1945年まで日本が統治したが、その際、日本語で教育を受けた「日本語世代」の存在を知り、自分があまりにも知らないことに気づかされたという。
 映画にすることを決意して何度も台湾を訪ね、勤務していた北海道新聞の記者をやめて2002年から製作に入り、5人の日本語世代の人生に焦点を当てた第1作の「台湾人生」を完成させ、09年に公開された。
 13年には「台湾アイデンティティー」で戦後の国民党独裁時代から現在までの戦後の時間を描き出した。
 「台湾萬歳」は市井の人々を描くことで、より広く台湾の奥深さに迫った作品。アミ族、ブヌン族、タオ族など多様な民族が暮らす自然豊かな台東県に住み込み、日本人が持ち込んだ「カジキの突きん棒漁」が今も続けられている町で「祈り」「命への感謝」「家族」、時代が変わろうとも「変わらない台湾」を描く。上映時間は1時間33分。
 東京や大阪、名古屋など全国で公開が広がっており、今回、故郷で上映会が決まった。
 チケットは前売り1,300円、当日1,800円。5日からMOVIX周南(0833-45-2600)で販売している。14日からは萩市の萩ツインシネマ(0838-26-6705)での公開が決まっている。

藻谷さん「ネットで情報発信を」

「鉄道の街を知ろう」下松・べんけい号愛する会が講演会
 下松市役所前に保存されているミニ蒸気機関車「下工弁慶号」の保存と活用に取り組んでいるNPO法人下松べんけい号を愛する会(大木孝行理事長)は9月30日、スターピアくだまつ展示ホールで「鉄道産業のまち下松~全国発信における課題は何か?」をテーマに講演とパネルディスカッション(新周南新聞社など後援)を開き、約250人が聞き入った。
 新幹線車両や英国など外国向け鉄道車両を製造、出荷している日立製作所笠戸事業所がある下松市を「鉄道産業の街」として全国に発信しようと開いたもの。講師に日本の鉄道全線に完乗している周南市出身で日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介さん(53)を招いた。

講演する藻谷さん

講演する藻谷さん

 藻谷さんは下松を鉄道産業のまちとするインターネットによる情報発信が不十分と指摘し「世界最先端の鉄道車両工場が地元にあることを市民がもっと関心や興味を持って勉強し、下松を訪れる人に説明できるようになってほしい。そこから全国発信の取り組みが始まるのではないか」と呼びかけた。

発言する中島社長

発言する中島社長

 これを受けたパネルディスカッションでは5人が意見を述べ、新周南新聞社の中島進社長は「下松や光には面白い人が多い。新しい発想を形にし、力にしていくには下工弁慶号のような地域資源をみんなで生かす工夫と熱意が必要だ」と話し、市観光協会の中村隆征副会長も「地域の観光は歴史と文化と宗教の集大成。うまく融合させて長期的に輝かせていくことが大切」と述べていた。

機能製品の生産能力倍増

日本精蝋徳山工場に分子蒸留設備完工
 石油ワックスメーカー、日本精蝋(安藤司社長)が基幹工場である周南市大島の徳山工場(福間芳彦工場長)に建設を進めてきた庄(しょう)の浦分子蒸留設備の完工式が9月29日、現地で開かれた。

分子蒸留設備の前でのテープカット

分子蒸留設備の前でのテープカット

 この設備は合成ワックス原料を精密蒸留してトナー、インク、接着剤関連などの機能製品など用途別に3種に分けて作ることができる。敷地面積は約650平方メートル、投資額は10数億円。
 生産能力は年間5,000トン。同社の分子蒸留設備は2000年以降に徳山工場に作った年間1,000トン、10年に茨城県のつくば事業所に設けた年間4,000トンのものがあり、今回の増設分を合わせると従来の2倍の1万トンになる。国内向けのトナー、インクを中心にアメリカなど海外でも需要が高まっていることを受けて増設を決めた。
 増設は2年前に完成させたタイ工場と並ぶ、同社の2大事業の1つでもあり、包装や物流などの関係業社も含めた雇用の増加にもつながっている。

あいさつする安藤社長

あいさつする安藤社長

 完工式には同社従業員のほか木村市長、宮本治郎徳山商工会議所会頭、建設を担当した山九の関係者など約50人が出席し、神事のあと設備の前でテープカットして祝った。
 幼いころは旧徳山市で過ごし、1月に就任した安藤社長(57)は「創業から88年で培った技術を蓄積した、機能製品の柱となる設備。原料を変えて新しいものを作るなど発展的な取り組みもしながら、世界のワックス企業のトップを目指して努力していく」と話していた。