ヘッドラインニュース

ビジネスメッセに7,000人

【周南(徳山)】「やまぐち総合ビジネスメッセ2017」「6次産業化農商工連携フェスタ」
農商工連携フェスタも人気
水素展、工作教室も

 160の企業、団体が参加した「やまぐち総合ビジネスメッセ2017」と周南市などの特産品を紹介、販売する「6次産業化農商工連携フェスタ」が28日、周南市のキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで開かれ、雨の一日となったが、7,000人が最先端の科学技術にふれたり、農産加工品を買い求めて楽しんだ。

周南地域地場産業振興センターの3Dプリンターの実演

周南地域地場産業振興センターの3Dプリンターの実演

東ソーの“字けし”づくり

東ソーの“字けし”づくり

 ビジネスメッセは県などの実行委員会の主催。機械金属、食品、医療福祉、デザインなど多彩な分野の企業が参加し、自社の技術や新製品をPRした。
 東ソーの塩ビ樹脂を使った消しゴム状の“字けし”や㈱トクヤマの偏光板を使った工作もあり、周南地域地場産業振興センターでは「周南ものづくりブランド」認定品の紹介や3Dプリンターが人気。水素エネルギー展では燃料電池自動車を展示し、シンポジウムや子ども向けの水素の実験もあった。
 農商工連携フェスタは徳山商工高と熊毛北高の生徒が考案して製品化したお菓子、「周南和牛」の試食や野菜など農産物の販売もあり、売り切れになるブースも出る盛況。飲食物販エリアでは中須の棚田清流の会の餅つきやかの高原豚の丸焼きがあり、つきたての餅や周南産の豚の丸焼きが来場者に振る舞われて行列ができていた。