ヘッドラインニュース

地区長賞にヒロテック、日立ハイテク

【光】QCサークル山口東部大会・職場の品質改善例を発表
 職場の品質改善推進運動、QCサークルの第5982回山口地区東部ブロック大会が17日、光市のホテル松原屋で開かれ、最高賞の地区長賞に「設備停止時間の削減」のヒロテック光工場パネライグループと、「発送検査手順の見直しと整備」の日立ハイテクマニファクチャ&サービスラストマンサークルが選ばれた。

第1会場の発表者

第1会場の発表者

第2会場の発表者

第2会場の発表者

 QCはクオリティー・コントロールの略で、現場の従業員が製品の品質管理や作業 能率の改善案に取り組む小集団。今回は県東部や大分県、三重県の16グループが発表し、発表社を含む25社の計約150人が参加した。
 開会式では同地区長の兼森忍マツダ防府工場品質技術部長と国井下松市長があいさつ。1グループ15分で2会場に別れて発表し、最後に顧客ロイヤルティ協会の伊藤秀典理事長が「CSを超える顧客ロイヤルティ」の演題で講演した。
 表彰式では兼森地区長が賞状を渡し、新日鉄住金ステンレス光製造所の河合浩之生産管理部長が「可能性を信じて新しいことにチャレンジを続けてほしい」とあいさつした。
 優秀賞には大分県の新日鉄住金大分製鉄所の高炉電計Gr.サークル▽三重県のサマンサジャパン鈴鹿営業所のEXIST5サークル▽下松市の東洋パックスのエボリューションサークル▽日立交通テクノロジー笠戸事業所のネクサスサークルが選ばれ、ほかの10グループは優良賞を受賞した。