ヘッドラインニュース

徳山下松港の浚渫が優秀賞

【国交省】ICT活用で効率化
 五洋・井森特定建設工事共同企業体が周南市の徳山下松港新南陽地区航路を深さ12メートル浚渫した工事が、国土交通省が建設現場の生産性向上に関する優れた取り組みを表彰するため今年度創設した「i-Construction大賞」の優秀賞を受賞した。
 同賞は人口減少で技術者が減っている建設業界で情報通信技術(ICT)を使って生産性を向上させる取り組みを紹介するために創設。今回は国の直轄事業が対象で、2団体が国交大臣賞、10団体が優秀賞を受賞した。
 中国地方は国交大臣賞、優秀賞1団体ずつだった。今後は地方公共団体の発注工事や民間企業の独自の取り組みも表彰対象にする予定。
 徳山下松港の工事の工期は昨年5月26日から10月20日までで、請負額は9億7,073万1,000円。海底に向かって音波を扇状に発するマルチビーム測量を採用。マルチビームで得た三次元データと、あわせて浚渫作業時のバケット位置、掘りあとをリアルタイムに表示する施工管理システムを導入、作業精度、効率を向上させた。このデータ提供がICT浚渫工に生かされたと評価された。
 中国地方の国交大臣賞は島根県松江市のカナツ技研工業の出雲市の道路工事。工事延長は600メートルで、請負金額は4億8,492万円。
 三次元設計・施工データの作成・活用を主体的に実施するとともに、地元の測量設計機械土工業者、地域の測量機器取り扱い業者、専門企業のソフトメーカーで編成するプロジェクトチームを設置し、ICTの活用、普及を推進。
 地元企業などを招いた勉強会、住民の見学会、若手技術者研修、女性技術者向け講習会などで地域のICT活用普及とICT技術者、担い手育成に積極的に取り組んだ。