ヘッドラインニュース

産業技術振興市長特別表彰に

【下松】杉本さん(日立笠戸)技能五輪で敢闘賞
 下松市は26日、第55回技能五輪全国大会の電気溶接職種で敢闘賞を受賞した日立製作所笠戸事業所の車両製造部車両第一課構体係建て・構体組の杉本健太さん(21)に市産業技術振興で市長特別賞を贈った。

左から浜安部長代理、国井市長、杉本さん、川辺主任

左から浜安部長代理、国井市長、杉本さん、川辺主任

 技能五輪は厚生労働省と中央職業能力開発協会が技能の必要性を広く知ってもらい、技能尊重の機運の醸成を図ろうと青年技能者を対象に開いており、今年は11月24日から27日まで栃木県内で開かれ、全国から42職種の1,337人が参加。県内からは18職種の33人が参加して9職種の10人が入賞した。
 杉本さんは下関市出身で下関工高(現下関工科高)卒。スチーム板の電気溶接に高い技術を発揮した。
 今回の市の表彰は産業技術分野で全国的な賞を得た人に贈るもので、個人の受賞者は杉本さんで35人目。
 表彰式は市役所で開かれ、同事業所の浜安崇庶務グループ部長代理や日立笠戸技術研修校の川辺広司主任と訪れた杉本さんは「年齢制限から今回が最後の挑戦だった。もっと上の賞を狙っていたので残念だったが、この経験を生かして今後は製造現場で頑張りたい」と話し、国井市長も「ものづくりの街を支える最前線で頑張って下さい」と期待を込めていた。