ヘッドラインニュース

AIで取引先紹介

【山口FG】日立の鉄道車両工場向け実証実験
 山口フィナンシャルグループ(FG)(吉村猛社長)と山口銀行、日立製作所は、地域活性化を目的に同行の取引先を提案するビジネスマッチングサービスの高度化へ、同行や民間の信用調査機関、帝国データバンクが所有するデータなどを日立のAI(人工知能)「Hitachi AI Technology/H」で分析して最適なビジネスマッチング候補を抽出し、鉄道車両を製造している下松市の日立製作所笠戸事業所に提案、有効性を検証する実証実験を始めた。

180118

 ビジネスマッチングサービスは金融機関が取引先企業をビジネスパートナーとして紹介し、販路・仕入れ先の拡大などを通じて新規取引の促進など、企業を支援する業務。山口FGでは地域創生につながる施策として積極的に取り組んでいる。
 今回の実証実験の期間は昨年12月25日から3月31日まで。2016年2月に日立、山口銀行、YMFG ZONEプランニングの3社で締結した山口県とその周辺地域の鉄道用車両製造に携わる協力企業の支援を目的とした包括的連携協定の取り組みの一つ。
 業務の効率化や、マッチング成立の精度が向上する先進的な手法の導入を目指し、将来は日立以外の企業への提案などさまざまな可能性へ、どのていどのマッチング先を抽出、提案できるかなどを探る。