ヘッドラインニュース

新徳山駅ビルオープンで9団体が連携

【周南(徳山)】駐車場無料サービスやマルシェ、魅力発信の情報サイトも
 周南市の新徳山駅ビルの徳山駅前賑わい交流施設が2月3日に開業する。そのにぎわいや交流を中心市街地や市内全域に広げていこうと市内のさまざまな団体が新たな取り組みを始めており、1月29日には関係9団体の11人が徳山商工会議所で合同記者会見を開いて活性化への意気込みを話した。

あいさつする宮本会長ら

あいさつする宮本会長ら

 同施設には徳山駅前図書館や蔦屋書店、スターバックスコーヒー、フタバフルーツパーラーなどが入居し、年間120万人の来館を見込んでいる。
 この日は市中心市街地活性化協議会の宮本治郎会長、同会TM会議の黒神直大委員長、徳山商店連合協同組合の清水芳将副理事長、周南観光コンベンション協会の原田康宏会長、JR徳山駅の杉村誠駅長、徳山駅前図書館の桜沢圭一館長、徳山商議所おもてなし向上委員会の近間純栄委員長、同商議所まちなか活性化プロジェクトの藤村圭生さん、まちあい徳山の河村啓太郎社長、徳山あちこちマルシェ実行委員会の松本健一朗委員長、市中心市街地整備部の小野卓令部長が出席した。
 新たな取り組みとして、徳山商店連合協同組合はオープン後の混雑緩和へ利用者を対象に510台の駐車場があるピピ510の1時間無料サービスを2月3日から5月6日まで続けること、徳山駅前図書館は1階でまちの情報を得られるインフォメーションを設置し、商店街の商店主を招いての内覧会で連携策を提案することも説明した。
 中心市街地活性化協議会はまちの回遊に向けたスタンプラリーやお勧めショップを掲載した冊子やクーポンを発行。まちあい徳山はまちの魅力を紹介する記事や、日曜・祝日営業などの店舗を検索して見ることもできるインターネット上の情報発信サイト「Tokuyamap(とくやまっぷ)」を1月29日に開設した。
 徳山あちこちマルシェ実行委はまちと駅を結ぶイベントとして過去5回、商店街で開いたマルシェを2月26日に開く。
 中心市街地活性化協議会の中にこの9団体などで作る新たな専門委員会を2月に発足させ、連携を進めていくことも報告された。
 宮本会長は「今を絶好のチャンスとして、活性化につなげていきたい」と話していた。