ヘッドラインニュース

スタバに200人の行列

【周南(徳山)】徳山駅前賑わい交流施設オープン
 周南市の徳山駅前賑わい交流施設と徳山駅前図書館が3日、オープンした。図書館や蔦屋書店、フタバフルーツパーラーなどに大勢の人が訪れ、周南地域初出店の大手コーヒーチェーン、スターバックスコーヒーには開店前に約200人が行列を作った。
 3階建ての同施設は建設費や開始準備を合わせて約54億円かけて整備。年中無休で、営業時間は午前9時半から午後10時まで。スターバックスと蔦屋書店は午前8時から、パフェなどを提供するフタバフルーツパーラーは11時から(土日祝は10時から)。1時間無料で125台収容の駐車場も併設している。
 まず3階交流室で開館記念式典があり、木村市長が「市民の新たな居場所、交流の場となり、さらなるにぎわいに広げたい」と述べ、高村正大衆院議員、江島潔参院議員もあいさつ。
 続いて2階入り口で岐陽中吹奏楽部が演奏したあと指定管理者のカルチュア・コンビニエンス・クラブの武田宣社長らを交えてテープカットし、くす玉も割ってオープンを祝った。
 来訪者はスターバックスコーヒーで買った飲み物を手に約6万冊ある図書館の本を室内やテラスのベンチなどで読んだり、2階の部屋が独立したキッズライブラリーを親子で楽しみ、3階の学習スペースで勉強に励む人も多かった。
 2日には市民向けの内覧会もあり、午前中の2時間だけ開放して約1200人が利用した。
 周南の玄関口となる駅ビルと駅周辺の整備は合併前の徳山市時代から長年にわたってそのあり方が市の大きな課題として議論されてきた。常に賛否の声がある中で、合併後、15年近くたってようやく新しい顔が完成した。

テープカットしてくす玉を割る市長ら

テープカットしてくす玉を割る市長ら

スターバックスにできた行列

スターバックスにできた行列

にぎわう施設内

にぎわう施設内

キッズライブラリー

キッズライブラリー


【期待の声さまざま】オープン初日と内覧会の来訪者の声から
 和田格(いたる)さん(18)=聖光高3年、周南市=
 「(スターバックスコーヒーに一番乗りして)朝の2時くらいから並んだ。この施設をきっかけに隣の県に負けないくらいになってほしい」
 田頭尚子さん(34)=周南市一番町=
 「(5、2、0歳の子どもと訪れて)キッズライブラリーが子どもだけで音などを気にしなくていいのがいい」
 村中厚子さん(65)=岩国市=
 「人がたくさんいてびっくり。本がたくさんあるのはいいけど、遠くにいて気軽に借りられないのが残念」
 菅田芳正さん(82)=周南市徳山=
 「本好きの家内の付き添いで来た。私が若いころに比べ商店街はさびれているが、ここを拠点に、にぎわってほしい」
 藤井チヅ子さん(74)=周南市下上=
 「(内覧会に一番乗りして)図書館に興味があり、いろんな本を読むことやスタバも楽しみ」
 宮本信次さん(68)=周南市代々木通=
 「コーヒーを飲みながら本を読めるのがいい。近くで来やすい」
 岡本夏実さん(19)=YICキャリアデザイン専門学校1年、広島県大竹市=
 「広島の図書館より料理などの本の種類が多く、ここにできてうれしい。通うと思う」
 渡辺猛さん(52)=カメラのワタナベ専務=
 「商店街を歩く人が増えることに期待する。市役所仮庁舎も商店街からなくなるので、最初だけでなく継続して増えてほしい」