ヘッドラインニュース

「浜のえび店」で生涯現役

【周南(新南陽)】新南陽マリンレディースが全国表彰
 周南市の県漁協新南陽支店の女性部の活動から生まれたグループ、新南陽マリンレディース(佐伯ユサ子代表、12人)が1、2日に東京で開かれた第23回全国青年・女性漁業者交流大会の地域活性化部門で「加工場『浜のえび店』で生涯現役!」と題して発表し、農林中央金庫理事長賞を獲得した。
 この大会は5部門あり、地域活性化部門の発表は9件。農林中央金庫理事長賞は上から3番目の賞。マリンレディースは1月に開かれた県漁村青壮年女性活動実績発表大会を経て出場した。

加工場に立つ佐伯さん(右)ら=右側下が「えび天」

加工場に立つ佐伯さん(右)ら=右側下が「えび天」

 「浜のえび店」は福川漁港に2004年にオープンした同グループの店舗兼加工場。小エビのかき揚げの「えび天」など底引き網漁でとれた魚介類を使った総菜を土曜の午前7時半から販売している。
 交流大会では佐伯代長(70)が発表し、新南陽の底引き網漁は夫婦で出漁しているが、以前は値段が安いため小エビや小魚は持ち帰らず海に戻していて「食べればおいしいのに、もったいない。何とかして活用したい」という思いからこの活動が始まったと述べた。
 その思いを生かし、全漁連のシーフード料理コンクールで農林水産大臣賞を受賞した看板商品で、店名にもしているエビ天などの総菜を作り、地元のイベントで売り始めたことが加工場開設につながったと話した。
 そして国、県の補助を受けて漁具倉庫を改修して現在の加工場・店舗ができ、ハゼの南蛮漬け、コノシロの酢漬け、ハモのすり身の天ぷらや、やはりハモのすり身を使った魚ロッケなどの新商品を次々に開発し、最近では戸田の道の駅「ソレーネ周南」の鮮魚売り場で食べ方を教えるようになったことも報告した。
 毎週、エビ天300枚、パック詰めの総菜200個を作り、年間300万~400万円の売上があり、経費を差し引いた利益は少ないが「えびで温泉に行こう!」を合言葉にしていることや、世代交代が課題であることなどを訴えた。
 佐伯代表は受賞を機に活動を振り返って「いい経験になった。いろんな人と出会い、仲間づくり、勉強になった」と話している。同店は予約もでき、電話は0834-64-0255。