ヘッドラインニュース

初の無投票か微妙に!?

[ネット版]
【下松市議選】新たに男性1人が出馬模索
どうなる市政参加の機会
4月1日告示・20陣営そろう

 任期満了に伴う下松市議会議員選挙(定数20)はいよいよあさって4月1日に告示される。29日現在で立候補予定者は現職16人、新人4人の計20人で、ほかに男性1人が立候補を模索しており、無投票か選挙戦に持ち込まれるかが微妙な情勢になっている。無投票になれば79年の市制で初めて、県内の市議選では旧新南陽市、旧長門市、柳井市に次ぐケースになる。
 4年前の前回も同じ定数で、無投票が予想されたが、告示3日前に新人1人が出馬を決めて選挙戦になった。投票率は過去最低の46.56%だった。このため今回は各陣営とも選挙戦を想定した運動日程を組んで引き締めを図っている。
 立候補予定者の内訳は無所属15人、公明党2人、日本共産党2人、幸福実現党1人。最年長は74歳、最年少は47歳。女性は公明、幸福実現の2人。
 “平成の合併”で合併の道を選ばなかった同市は、大型店の占有率も極めて高いことから利便性もよく、1月まで22カ月連続で人口が増加してきた。一方、山間部や笠戸島などでは県内の他市と同様、人口減少が続く。前市長は4期16年間という長期で、オール与党的に市政が運営されてきた風土もあり、市を二分するような目に見える政策課題がないことなどが立候補者が増えない一因と見られる。
 しかし市長選、県議選などに続いて無投票が続けば、市政に参加する機会が減ることになり、さらに市民の市政への関心を低下させると懸念される。
 出馬を模索している男性は、本紙の取材に「31日までに結論を出したい」と話している。
 立候補は1日午前8時半から午後5時まで市役所5階で受け付ける。各陣営は届け出後、選挙事務所前などで出陣式、出発式を開く予定。選挙戦になった場合は期日前投票を2日から7日までの午前8時半から午後8時まで市役所1階税務課前(7日は1階ロビー)で受け付ける。
 投票日の8日は午前7時から午後8時まで28カ所の投票所で投票を受け付け、午後9時20分から市民体育館で開票する。1日現在の有権者は男性2万2,569人、女性2万4,357人の4万6,926人。問い合わせは市選管(0833-45-1875)へ。