ヘッドラインニュース

日曜昼の商店街に鉄柱落下

徳山銀座商店街・けが人なし

 3日午後1時50分ごろ、周南市の徳山銀座商店街のオラレ徳山前近くに設置されている日除け用の設備のうち支柱となる鉄柱1本と2面のサッシが落下した。落下時は人や車は通っておらずケガ人はなかったが、数台の自転車に接触、歩道のタイルが損傷した。

支柱が落下した現場

支柱が落下した現場

支柱が固定されていた部分

支柱が固定されていた部分

壊れたタイル

壊れたタイル

使われていたと思われるボルト

使われていたと思われるボルト

落ちた支柱とサッシ

落ちた支柱とサッシ

サッシが降りた状態

サッシが降りた状態

 銀座通には北側の歩道と車道の間に電動巻上げ式の日除けサッシがあり、支柱となる鉄柱を挟んで1面は4メートルを超える。今回落下したのは重さは約60キロはあるとみられる。
 同商店街は1994年3月にアーケードと車道・歩道を整備してピアモール銀座としてリニューアルしたが、この設備はその際に設置されたもの。24年たつが、この設備の点検はされていなかった。支柱は上がボルトで固定され、ぶら下がった形になっている。
 落下時に現場にいた70歳代の男性は「急に落ちてきてびっくりした。多少の風はあったが、突風などはなかった」と驚いていた。
 設備本体の落下で落ちたボルトはさびて劣化しているようにも見え、すぐ横で稼働しているほかの設備も劣化が心配される。
 これらを管理する徳山銀座商店街振興組合の清水芳将理事長は、現場は駐車場の出入り口になっているため「鉄柱部分に車が接触して損傷していた可能性もある。早急に点検したい」と話している。
 徳山駅周辺には2月に駅前賑わい交流施設もオープンしたが、一方で老朽化したままの設備もあり、課題となりそうだ。
 この日も同施設周辺は多くの人でにぎわい、今回、落下した現場近くの映画館では周南絆映画祭も開かれていた。

【きょうの紙面】
(2)ヨロシクは國弘東山口信金徳山支店長
(3)オープンはコインランドリー土井店
(3)光市「雇用の日」メッセージフェアに650人
(5)みどりの会11に国交大臣表彰

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html