ヘッドラインニュース

電動バイク「音静か」

「やまぐち ちょこのりEV」モニター事業
東ソー南陽事業所でモニター走行

 1人乗りの電気自動車(EV)や電動バイクを無料で貸し出す「やまぐち ちょこのりEV」モニター事業が周南市開成町の東ソー南陽事業所で始まり、電動バイク1台を構内の移動に使っている。

構内を走る電動バイク=構内用ヘルメット使用

構内を走る電動バイク=構内用ヘルメット使用

ビズモⅡ

ビズモⅡ

 この事業はCO2削減効果の分析や利活用の方策を検討しようと県や大学、自動車メーカーなどで作る「EV利活用モニター事業プロジェクトチーム」(代表・貴島孝雄山口東京理科大学教授)が昨年に続いて企画した。
 公募で選ばれた6団体・事業所に11月末までEVや電動バイクを使ってもらい、走行記録やアンケート結果を解析して普及促進に活用する。
 東ソーに貸し出されているのは岩国市のツバメ・イータイムの電動スクーター「ビズモⅡ」。メーカー値によると1回の充電で約150km走行でき、満充電料金は約60円。家庭用コンセントを使って8時間で満充電でき、緊急時には電源としても使える。販売価格は約40万円。
 環境管理課が構内の排水口点検などをする際の移動に従来のガソリンバイクの代わりに使っている。6月末ごろにバイクが届き、雨が続いていたため使い始めたばかりだが、1日に8km以上走行させているという。
 同課副参事の吉山雄士さん(36)は「馬力が弱いイメージだったが、加速がいい。音が静かで、前を歩く人が追い抜かれるまで気づかなかったこともあった」と乗車の感想を述べ、持永忠課長(53)は「CO2削減の取り組みにもなり、正式に導入することも検討したい」と話している。

【きょうの紙面】
⑵光市の光花火大会中止へ
⑵17日からJR柳井-岩国駅間復旧、柳井-徳山駅間に代行バス
⑸21日に徳山夏まつり

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html