ヘッドラインニュース

新徳山駅ビル来館者100万人

開館半年足らずで大台に

 周南市の徳山駅前図書館(桜沢圭一館長)を核とする新徳山駅ビルの徳山駅前賑わい交流施設の入館者数が27日で100万人を超えた。2月3日のオープンから175日目での大台突破となり、この日は記念の式典を開いて100万人目の来場者に記念品が贈られた。

式典の左から桜沢館長、藤本さん親子、木村市長

式典の左から桜沢館長、藤本さん親子、木村市長

 同施設は周南地域初出店のコーヒーチェーン、スターバックスコーヒーや蔦屋書店、フタバフルーツパーラー、交流室、市民活動支援センターなどが入り、総延べ床面積は5,256平方メートル。1時間無料の徳山駅西駐車場も併設している。
 来場者数は11か所の入り口のセンサーで感知した数を2で割って計算しており、25日までの1日平均は5,745人。月別では2月の22万3,003人をピークに、7月は25日現在で12万108人と減少傾向にはあるが、年間120万人の目標の2倍近いペースとなっている。
 100万人目となったのは久米の主婦、藤本知恵さん(33)と長男の心優士(しゅうと)君(7)。記念品として木村市長が花束と徳山動物園の年間パスポート、しゅうニャン市グッズ、桜沢館長(40)がコーヒーカップや菓子、スティックコーヒー、フタバフルーツパーラーのパフェ交換券を手渡した。
 心優士君の読書感想文の本を探すため、この日、初めて来館したという藤本さんは「駅ビルは今までが暗かったので、明るくなってよかった。周りの人にもきれいだね、と言われるのでうれしい」と話していた。
 市長は「このにぎわいを中心市街地、市内全域に広げるために市民と力を合わせて取り組まねばいけない」と述べ、桜沢館長は「ファンになって何度も来ていただいている方など、一人々々の気持ちが数字につながったと思う。感謝しながら運営していきたい」と今後の意気込みを話していた。

【きょうの紙面】
(2)オラレで購入の万舟券、幻に
(4)会長さんは徳山セントラルRCの原田さん
(4)光RCが豪雨災害復旧に100万円
(6)8月4日にサンフェスタしんなんよう

▼紙面をご希望の方(購読:試読)
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html