ヘッドラインニュース

ポータルハートサービス設立

周南市の中特グループ・高齢者の悩み解決

 周南市久米の中特グループは8月1日に新会社、㈱ポータルハートサービス(篠田直美社長、10人)を設立した。専門知識を持った女性スタッフが施設入居前の家財整理など高齢者のさまざまな悩みの解決に向けたサービスを提供する。

篠田社長

篠田社長

 中特グループは中特ホールディングスと中国特殊、吉本興業、リライフ、藤井興業で構成し、一般廃棄物収集運搬、産業廃棄物処理、リサイクル、下水道メンテナンスなど生活環境にかかわる事業を展開しており、ポータルハートサービスが6社目のグループ企業となる。
 高齢者のさまざまな困りごとを助ける業務は5年前から吉本興業の1部門として取り組んできたが、今回、独立させた。
 社名はポータル(入り口)とハート(心)を合わせ「心の入り口」として悩みを持つ人の心が少しでも早く晴れるよう、心に寄り添う気持ちでサービスを提供するという思いを込めた。
 社員は女性が中心で、整理収納アドバイザー、福祉住環境コーディネーター、遺品整理士、終活カウンセラーなどの資格を持っている。
 廃棄物処理、リサイクルなどグループ内や、必要に応じてグループ以外の企業などとも協力し、不用品回収だけに留まらない空き家問題なども対応する。
 ポータルハートサービスの所在地は周南市久米3078-1、電話は0120-050-742。

【きょうの紙面】
(2)周南市9月議会が新議場でスタート
(3)光市の海水浴客2.8%増
(4)寄り道は児玉源太郎の遺髪塔
(4)谷村さんコンサートの募金復旧支援へ寄贈

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html