ヘッドラインニュース

周南市長選

木村市長が出馬表明
3期目へ「新たなスタート」

 周南市長の木村健一郎氏(66)は18日、ホテル・サンルート徳山で記者会見を開き、来年5月の任期満了に伴う市長選挙に立候補を表明した。木村氏は現在2期目。公約は「これから煮詰めていきたい」としながらも3期目へ意欲を語った。

記者会見で出馬を表明する木村氏

記者会見で出馬を表明する木村氏

 木村氏は早稲田大学法学部卒業後に市内で司法書士・行政書士事務所を開業し、周南市長選は2007年に県議会議員を辞職して出馬したが敗れ、11年の選挙で初当選した。15年の選挙も含め、いずれも現在は市議会議員の島津幸男氏との一騎打ちだった。
 会見では今年2月にオープンしたにぎわい交流拠点の新徳山駅ビル、6月から業務を始めた新庁舎について「これまでまいてきた種が芽吹き、まちが大きく動き始めている。今、大切なのはこの動きを加速させること」としながら「ふるさと周南を守る、その思いを原動力に進めてきた取り組みを充実させ、新たなスタートを切るつもりで3期目に挑戦したい」と述べた。
 記者からの出馬をいつ決めたかという質問には「日々の積み重ねの中で徐々に思いが固まった」と説明した。“しゅうニャン市”を掲げて進めているシティープロモーション事業については「シティープロモーションは大切で、これからも続けるが、3期目もしゅうニャンでいくかどうかはこれから検証したい」と述べた。17日に自民党に推薦願を出し「幅広い支援をいただきながら戦っていきたい」と話した。
 同市長選は来年4月に予想される統一地方選挙の中である。出馬表明は木村氏が初めて。

【きょうの紙面】
(2)KYBのデータ改ざん耐震部材、周南市庁舎にも
(2)光市で犯罪のないまちづくり県民大会
(4)東陽小で見守り隊感謝集会
(5)福川小児童が盲導犬育成へ募金

http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html