ヘッドラインニュース

長州麦味噌ビール完成

新南陽商議所青年部、シマヤ、ソレーネ周南
100%県内産 みその香り絶妙

 周南市の新南陽商工会議所青年部(大嶋勇一郎会長)とシマヤ、道の駅「ソレーネ周南」、山口市の山口地ビールの協力で、県産の麦や大豆を使ったみそ風味の地ビール「長州麦味噌ビール Buthi Misôle(ブティ ミソーレ)」が完成した。20日に永源山公園で開かれた“ムーンフェスタしんなんよう”で先行販売され、21日からソレーネ周南でも販売が始まった。

周南パラボラ会で乾杯する右から原田部長、山本顧問、大嶋会長

周南パラボラ会で乾杯する右から原田部長、山本顧問、大嶋会長

完成した長州麦味噌ビール

完成した長州麦味噌ビール

 このビールは同青年部などが新南陽地区の土産品にもなる商品を開発しようと、5月から製造を山口地ビールに依頼して試作を繰り返して完成させた。
 県産の麦100%のビールに、同地区福川が発祥のシマヤが「嶋屋治兵衛長州みそ」の商品名で販売している山口産の麦と大豆で作った麦みそを加えている。みその香りがして、飲んだあとに旨みが残る、絶妙なバランスのビールに仕上げた。
 商品名は方言の「ぶち」を生かしながら「ソレーネ」と「みそ」の言葉を組み合わせた。ラベルもドローンを使って永源山公園からゆめ風車越しに撮影した新南陽地区の風景写真を使い、シマヤの創業当時のロゴもあしらっている。
 アルコール分は4%。330ミリリットル入りで、参考小売価格は648円。3,000本を製造し、ソレーネ周南のほか、酒販店でも扱ってもらい、継続して製造、販売していく。
 19日には東ソークラブで開かれた秋の周南パラボラ会でお披露目され、大嶋会長(38)が「多くの人の思いをつむぐことができた」と述べ、シマヤの原田大介みそ事業部長(43)が「旨みと香りが際立つビールです」と開発に込めた思いを話した。
 会では青年部で開発プロジェクトリーダーを務めた山本淳同会顧問(45)の発声で乾杯し、この日だけで200本が飲まれ、上々の評判だった。

【きょうの紙面】
(2)徳山大学でLGBTテーマに講演会
(2)男女共同参画ポスター最優秀に小串さん
(4)光市美展、大賞に書の山本さん
(5)大相撲周南場所前に立田川親方が来訪

http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html