ヘッドラインニュース

戦没画学生の生き方伝えて

おいの木村さんが郷里の平和教育へ
久保克彦遺作画集を寄贈

 周南市出身で、東京美術学校(現東京芸術大学)に学び、繰り上げ卒業して2年後に25歳の若さで中国大陸で戦死した久保克彦(1918-1944)の「遺作画集」201冊が7日、おいの木村享さん(82)=奈良市=から平和学習などに役立ててほしいと周南市と同市教委に寄贈された。

画集と左から中馬教育長、木村市長、木村さん

画集と左から中馬教育長、木村市長、木村さん

 久保は自由律俳人で徳山洋画協会も設立し、戦前の徳山文化の中心的存在だった久保白船の二男。平生町に生まれたあと、徳山市佐渡町(現周南市本町)に転居して徳山中を卒業。19歳で東京美術学校工芸科図案部に入学。卒業後、24歳で陸軍に入隊し、出征先の中国で死亡した。
 克彦が残した卒業制作の「図案対象」は戦時下とは思えない、現代絵画を先取りした前衛的な表現で、グラフィックデザインの先駆的作品として高く評価され、同学校が買い上げている。
 画集は2001年に市美術博物館で開かれた「戦没画学生『祈りの絵』展」で克彦の作品を見たのをきっかけに、木村さんが親族で保管していた作品を集めて02年に発行したもの。194ページで、税別5,000円。
 今年8月にはNHK Eテレの番組、NHK日曜美術館で「図案対象」を取り上げた「遺された青春の大作~戦没画学生・久保克彦の挑戦」が放送され、大きな反響を呼んだことから、克彦の郷里の周南市の文化振興、平和教育に役立ててほしいと寄贈を決めた。番組では戦死する命運を担いながら美の探究の総括として「図案対象」を描いたことを若い世代も参加して読み解いた。
 寄贈のうち175冊は市内の小、中、高校、大学、高専や図書館、回天記念館、市民センターなど90施設に置かれる。
 この日は市美術博物館を木村さんが訪れて木村市長、中馬好行教育長が画集を受け取った。
 木村さんは「叔父は生前、作品を中学や高校の壁に飾られたらうれしいと言っていたと聞いている。願いが別の形でかなって喜んでいると思う。生きたくても生きられない人がいた時代のことも知ってほしい」と話し、市長は「生き方を広く知ってもらう機会にしたい」と述べて感謝した。

【きょうの紙面】
(3)くだまつ商工まつりに7,000人
(3)はつもみぢ酒蔵まつりで高校生とのコラボ酒
(4)回天搭乗員追悼式に遺族ら260人
(5)サンデー早朝野球優勝はベイスターズ

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html