ヘッドラインニュース

部次長、建設社長再逮捕

周南市[官製談合事件]
周南緑地工事でも設計金額漏らす
組織的関与は不明

 周南市の徳山動物園リニューアル工事の設計金額を、落札した福谷産業に伝えたとして逮捕されていた市都市整備部次長兼区画整理課長の国沢智己容疑者(60)と同社社長の福谷徳三郎容疑者(66)が10日、別の工事で同様の容疑で逮捕された。
 最初の逮捕は11月19日で、10日に起訴された。今回の容疑は2016年11月24日にあった「周南緑地(メインエントランス)整備工事」の一般競争入札をめぐるもの。国沢容疑者は10日午後1時54分、周南署で前回と同じ官製談合防止法違反と公契約関係競売等妨害罪、福谷容疑者は同2時2分、下松署で前回と同じ公契約関係競売等妨害罪の容疑で逮捕された。
 この入札当時、財政部技監兼検査監だった国沢容疑者は同年11月中旬、市内かその周辺で福谷容疑者に対し、設計金額が2760万6千円であることを伝え、福谷産業はこの金額から算出した2447万3540円で落札したと見られる。この金額は低入札価格調査の「判断基準額」と同額だった。この金額を下回ると、自動的に不落札になる。
 この入札は23社が参加、7社が判断基準額を下回ったため不落札。残った16社のうち最も金額が低かった同社が低入札価格調査の結果、落札した。

取材に答える木村市長

取材に答える木村市長

 市はこの日、12月定例市議会の一般質問の最中。再逮捕は職員から知らされたという木村市長は議会終了後、取材に応じ「大変に遺憾。全面的に捜査に協力したい」「綱紀粛清、市民との信頼回復に努めたい」と述べた。
 国沢容疑者の逮捕容疑は個人的なものか、組織的な関与があったのか問われると「コメントを差し控えたい」と答えた。1月中旬に全職員に対し、公務員としての倫理、法令順守の研修会を開く考えも明らかにした。
 国沢容疑者は起訴されたことでこの日から休職になった。これまでは有給休暇扱いだった。

【きょうの紙面】
(2)和田小、中支援の和ネットに文科大臣表彰
(3)女性の働き方でシンポジウム
(3)日立笠戸、技能実習生26人の計画認可
(5)9ライオンズクラブが合同で資源回収

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html