ヘッドラインニュース

“第3者”が調査対策検討へ

周南市[官製談合事件]25日に入札監視委員会

 周南市は官製談合防止法違反で幹部職員が逮捕、起訴されたことを受けて25日午前9時から入札監視委員会(松田悦治委員長、5人)を市役所で開き、木村市長から対策などの諮問書を交付し、進め方などを話し合う。
 同委員会は2012年度に発足し、委員の任期は2年。県建築士会長の松田悦治さんを委員長に、委員は公認会計士の秋山一正さん、徳山大学の坂本勲准教授、徳山高専の目山直樹准教授、弁護士の橋野成正さん。
 年2回開き、入札や随意契約による契約について、予定価格に対して低い金額で落札されたり、参加業者が少なかったものなどを抽出し、担当課の説明に意見や質問を述べている。
 今年は5月に1回目を開き、11月に2回目を予定していたが、同19日に職員が徳山動物園のリニューアル工事で設計金額を業者に伝えた疑い、建設会社の社長が職員から聞いた金額をもとに算定した金額で落札した疑いで逮捕されたため、延期していた。
 市長は市議会の一般質問の答弁などで再発防止へ第三者委員会で調査、対策を検討するとしており、この委員会がその第三者委員会になる。
 会議は非公開で、会議後に議事概要を公表する。最近の議事概要は市のホームページの契約監理課のページに掲載している。

【きょうの紙面】
(2)出光徳山とOBが共同募金に30万円
(3)周南労福協が共同募金に26万円
(4)レスリングの宮原兄弟全国大会入賞
(5)インフルエンザ流行シーズンに

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html