ヘッドラインニュース

徳山環衛連表彰2人と2団体

徳山高専生の船戸君も

 周南市の徳山環境衛生連合会支部長会議、徳山自治会連合会定例会が16日、市役所で開かれ、席上、個人2人と2団体に対する徳山環衛連会長表彰の表彰式があった。

表彰される船戸君(左)

表彰される船戸君(左)

 徳山地区では各地区自治会連合会長が環衛連の支部長を兼ねていて合同で総会を開いている。
 表彰されたのは、個人が周陽地区で15年以上、地区コミュニティ推進協議会の活動で資源回収に積極的に取り組んでいる石田健人さん(70)と徳山高専3年で、桜木地区の清掃活動を続けている船戸満希君(17)。船戸君は柳井市出身で中学の時、通学路にごみが多いことに気づいてごみ拾いを始め、進学で周南市に移ってからも活動を継続している。
 団体は約40年間、「きれいで明るい街には犯罪が少ない」をスローガンに清掃活動を継続している岐山地区の新堀自治会(鈴木孝夫会長、140世帯)と、四季を通じて花のある地域づくりに取り組んでいる須々万上若自治会花壇(中村洋一会長、60世帯)。
 総会ではこのほか、事業計画、予算を決め、自治会連合会の役員改選などがあった。役員は全員が再任で次の通り。(敬称略)
 会長=田中義啓(櫛浜)▽副会長=加藤洋(周陽)鈴木孝夫(岐山)▽理事=大山政男(中央)内山昇(秋月)徳原伸真(今宿)村上法彦(関門)西野敏明(久米)勝屋孝志(菊川)福原和昭(戸田)中村洋一(須々万)▽監事=弘中寿(湯野)福田護(須金)

【きょうの紙面】
(2)下松市民憲章制定50周年で記念碑建立
(3)下松市の歯科保健講演会に高校生も
(4)旧山代街道の鹿野市で中学生活躍
(5)ベトナム大会でACT SAIKYO活躍

▼紙面の購読:試読の方はこちら
http://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
http://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html