一言進言

災いは逃げるが勝ち!

~なぜ避難しなかったか徹底検証を~

■「災いは忘れたころやって来る」そんな時代は終わって、「災いは何時でも、どこにでもやって来る」時代になった。阪神大震災以降、全国で地震、集中豪雨が頻発してきた。そして東日本大震災が勃発、災害の恐怖は頂点に達した。南海トラフは常に話題になり、集中豪雨は当たり前の世界になった。
■ 1年前、周南地区でも死者が出る災害に見舞われた。復旧工事は未だに続いている。そんな中、先日全員避難を求める警戒レベル4の豪雨で、周南市は鹿野、須金地区の約4,000人に避難勧告が発令された。その日のNHKのニュースで、避難した人はわずか10人だったと全国放送があった。一体どうしたのか。なぜほとんどの人が避難しなかったのか。
■ 2カ月前、周南市は全戸に、「防災ガイドブック」を配布したばかりだ。防災危機管理課に聞いた。防災無線はちゃんと機能していた。地域の消防団も出動、避難を呼びかけた。緊急メールも発信した。防災ラジオも働いた。なのに10人しか避難しなかった。中山間地域でのがけ崩れを心配しての避難勧告だった。
■ 幸い雨も昼前には収まり、大事には至らなかったが、去年の教訓はどこに行ったのか。全国の災害のニュースは知らないはずはない。NHKのニュースで全国一鈍感な市民と放送される結果をどう受け止めるか。問題は深刻だ。
■ 災害に高を括(くく)っている市民の多さに驚くばかりだが、このままでは行けまい。各地域のコミュニティーや、行政がどれだけ意思疎通をもっと強固にするか。災害の怖さを徹底的に市民の間で共有することができるか。日頃の防災訓練も大事だろう。自治会を通じたより緻密な情宣活動も求められよう。
■ 今回の現象に対して、聞き取り調査を含め、徹底的な検証作業をすべきだろう。どんな感覚で防災無線を聞いていたのか、呼びかけ方なのか、何なのか。これからの時代、集中豪雨はさらにひどくなるのは明らかだ。国も災害には自助が一番だと訴えている。多額の費用をかけた防災無線が役に立たなかった事実は、他市の防災対策にも大きな教訓になるはずだ。6月市議会では市議も徹底した議論をして欲しいものだ。
「災いは逃げるが勝ちだ」
(中島進)