ヘッドラインニュース

年金、外交、憲法改正

[参院選 21日投票]
参院選あす公示
山口選挙区は4陣営準備

 参院選が4日に公示される。投開票は21日。山口選挙区(改選数1)は自民党現職に野党や無所属の3新人が挑む構図で、高い支持率を維持する安倍内閣に対する信任の度合いや、年金、外交、消費増税、憲法改正などの争点に有権者がどんな審判を下すかが注目される。(山上達也)

4陣営とも選管の事前審査終える

 山口選挙区には自民党公認、公明党推薦の現職、林芳正氏(58)▽国民民主党公認で立憲民主党、日本共産党、社会民主党、新社会党が支持する新人、大内一也氏(45)▽幸福実現党公認の新人、河井美和子氏(56)▽無所属の新人、竹本秀之氏(64)が立候補を予定している。4陣営とも県選管で立候補手続きの事前審査をすませている。

林陣営 盤石な地盤に高い知名度

 林氏は強固な保守地盤と公明党に支えられて前哨戦から安定した戦い。過去4回の選挙戦で知名度も高く、文部科学大臣など再任を含め5回に及ぶ閣僚経験も“鬼に金棒”だ。
 周南地域では3市の7支部を軸に県議や市議を中心に活動。林氏の周南地区後援会長は徳山商工会議所会頭でもある宮本治郎氏。
 4日は午前9時から山口市の維新百年記念公園で出陣式を開き、午後6時半から周南市の遠石会館で周南3市対象の個人演説会を開く。林氏は他の選挙区の候補者の応援のため選挙区内にいるのは17日間の選挙運動期間中6日だけになる。

大内陣営 5野党共闘に「地元候補」で

 大内氏は野党5党の共闘体制の成否がカギだ。5党と市民連合@やまぐちが大内氏と結んだ政策協定も大内氏を推薦する連合山口に加盟の中国電力労組に配慮して「上関原発」の文字は入れず「原発の新増設に反対」の表現にとどめている。
 周南地域では大内氏が徳山小、岐陽中、徳山高、山口大卒で、周南市の福川在住のため「地元候補」の印象を強く打ち出す。
 4日は午前9時から山口市の山口中央公園前で出陣式▽午後6時半から徳山駅前で周南地区出陣式。
 19日午後7時から周南市のホテル・サンルート徳山で個人演説会を開く。

河井陣営 党首来援、党勢拡大追い風

 国政選挙立候補が7回目になる河井氏は、幸福実現党にとって中国5県でただ1人の公認候補。参院選では選挙のたびに得票を上積みしている上、昨年4月の下松市議選では中国5県で初めて党公認の市議を当選させており、党勢拡大は徐々にだが形になりつつある。
 4日は午前9時10分から山口市の山口駅前で第一声▽午後1時から周南市本町の選挙事務所内で出陣式を開く。
 6日午前11時から徳山駅前で同党の比例代表の候補者でもある釈量子党首を迎えて街頭演説を開く。11日は周南市内で個人演説会を計画している。

竹本陣営 「独自の戦い」で政策浸透

 6月27日に県庁で出馬表明をした竹本氏は、自分一人で県内全域にポスターを張り歩く「独自の戦い」を展開する。周南地域に拠点はなく、選挙カーも仕立てない。ポスターや選挙公報、政見放送、自身のホームページで政策を訴える。

ゆめタウン徳山に期日前投票所

 県選管がまとめた6月11日現在の選挙人名簿登録者数は下松市4万6960人▽光市4万3807人▽周南市12万1,910人。
 期日前投票は公示翌日の5日から投票日前日の20日の午前8時半から午後8時まで、周南市役所本庁舎1階多目的室、イオンタウン周南内の新南陽総合支所、ゆめプラザ熊毛、鹿野総合支所▽下松市役所1階▽光市役所3階、大和コミュニティセンターで受け付ける。
 光市牛島コミュニティセンターは18日から20日までの午前10時から午後3時まで受け付ける。
 周南市では10、11両日の午前10時から午後7時まで、大型ショッピングセンターのゆめタウン徳山に特設の期日前投票所を設ける。

【きょうの紙面】
(4)有福さんが周南市郷土美術資料館で個展
(5)劇団「わ」の人情喜劇、熱演に笑いと涙
(6)ソレーネ周南で県花き品評会、73点出品
(7)徳山夏まつりのうちわ、4万枚完成

▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html