一言進言

繰り返すミスは何故か?

~教訓はどこに?~

周南市は官製談合事件を受けて昨年、文化会館で2回に分け、全職員対象にコンプライアンスの講演会を開いた。内容も講師も秘密で、これがコンプライアンスかと思ったが、案の定、職員にはその趣旨は届いていなかった。コンプライアンスは危機管理、法令順守など基本的なことをしっかり守ろうというものだ。
■久米の道路工事で、区画整理課が積算したが、先ずは入札前に間違いが見つかり、入札を延期した。その後チェックしたからと今度は公開入札を実施した。渡辺建設が落札、やれやれと思っていたら、他の業者から間違いを指摘され、落札を取り消した。
■官製談合事件では、積算間違いを見つけながら再入札は問題が大きくなるからと、そのままスルーした。民間業者でも見つけられる間違いをスルーした結末は、職員逮捕だった。あれだけの大事件の直後に、また同じ過ちを繰り返す周南市は、いったいどうなっているのだろうか。公務員は狭き門だ。優秀な人材がそろっているはずだ。
■緩んでいる。職場の雰囲気はどうなんだろうか。指導する立場の管理職が緩んでいるからか。血税を使っている緊張感に欠けているのか。勉強不足か。チェック機能が働かないのは何故か?これは今回積算した区画整理課だけの問題か。周南市全体の問題か?
■ここ数年、周南市では市長が陳謝する問題が多発した。藤井市長は就任早々頭を抱えることになった。市長として取り組むべき問題は、職員の意識改革だろう。新聞も読まない行政マンも急増している。市民がどんな活動をしているか、どんな感覚で行政を見ているか、まずはキャッチすることも大切だ。市民の目を意識した行政マンにならないと、共助の精神は生まれない。「共に」は職員同士のなれ合いを目指すものではなかったはずだ。
■ミスは誰にでもあるが、ミスを防ぐためにチェックリストを作成したり、民間は最大限の工夫をしている。民間に学ぶことも肝要だ。管理職の役割も大きい。元は優秀な人材の集団だ。副市長を中心に、庁内改革のプロジェクトチームを早急に立ち上げることも必要だ。藤井新市長も頭を休める暇がない。(中島進)