ヘッドラインニュース

クルーズ客船で560人来訪!

8月9日・ぱしふぃっくびいなす下松初入港
行政と経済界一体で歓迎盛り上げ

 下松市制80周年記念事業の一環で8月9日(金)に同市に初寄港するクルーズ客船、ぱしふぃっくびいなす(2万6,518トン)の受け入れ事業を担うくだまつクルーズ振興協議会(会長・竹島克好下松商工会議所副会頭)の第2回協議会が29日、下松商工会議所で開かれ、この日朝の歓迎行事や日中のオプショナルツアー、夕方の見送り行事の取り組みを確認した。

あいさつする竹島会長
クルーズ船歓迎のポスター
オリジナルステッカー

 ぱしふぃっくびいなす号には乗客560人が乗船し「夏休み 屋久島・徳山下松クルーズ」として8日午後5時に神戸市の神戸港を出港。9日午前7時半から午後4時まで徳山下松港の下松第2ふ頭に着岸する。10日は鹿児島県の屋久島を観光し、11日に神戸港に帰港する。
 9日は午前7時45分からふ頭で歓迎セレモニーを開く。ふ頭には「きつねのお面絵付け」や「ひらめちょうちん絵付け」「紅蘭の中華そばと朝日屋のロースハムの試食コーナー」など多くのブースを設ける。
 オプショナルツアーは7コースを用意し、最多は日立製作所笠戸事業所や市栽培漁業センターを見学する「車両工場特別見学とヒラメ餌やり体験」の70人。笠戸島の国民宿舎大城や、はなぐり海水浴場のフリープランも人気を集めそう。
 一方、市民から一般公募した船内見学は定員80人に対して5.7倍の461人が応募。当選者のみ10時から船内に入れる。抽選で外れた人も来場者にはオリジナルステッカーをプレゼントし、ふ頭で歓迎や出港のセレモニーを見たり、バザーを利用することは自由。
 出港セレモニーは午後3時半からふ頭で開き、末武中吹奏楽部の演奏やヨシムラダンスセンターのダンスがあり、4時に屋久島に向けて出港する。
 29日の協議会では国井市長、下松商工会議所の弘中伸寛会頭、竹島会長があいさつして行政と経済界の連携をアピール。近藤和彦副市長は「船内見学の抽選に外れた人に“残念賞”でオリジナルステッカーなどのグッズを贈ったり、当日のセレモニーの参加を呼びかけてはどうか」と提案し、実現に向けて準備することになった。
 問い合わせは下松商工会議所内の同協議会事務局(0833-41-1070)へ。

【きょうの紙面】
(2)周南市からデルフザイル市へ中高生訪問団
(3)光市の建設技術者が島田中、島田小で奉仕
(4)米泉湖サマージャンボリー、5千人で盛況
(6)中央図書館で空襲前後の徳山市街地写真展

▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html