ヘッドラインニュース

西日本最大の規模

東ソー物流 総合物流倉庫を建設

 周南市の東ソー物流は化学製品の保管施設としては西日本最大級の総合物流倉庫を臨海町に建てる。災害時の中継基地の機能も持ち、来年1月の完成を目指す。

倉庫の完成予想図

 倉庫は鉄骨3階で延べ床面積2万4千300平方メートル。常温庫、冷凍庫、冷蔵庫を備える。製品に適する温度で保管でき、急速冷凍の必要なウレタン原料の保管に適する。新南陽公共ふ頭に隣接し、海上、陸上輸送に対応できる。
 トラックが2階に走行移動できるランウェイ方式を導入し、荷の出し入れの時間短縮を図る。災害時は重機の待機所、緊急物資の保管所として使える。
 保管対象は東ソー南陽事業所で生産された化学製品で欧州、北米、東南アジアなどへの輸出、国内47都道府県への輸送基地となる。
 同事業所の生産増強に対応した。新倉庫を含めて5棟の倉庫からなる「りんかい物流センター」の中核施設となる。建設費は50億円。2月に着工し、来年2月の運用開始を予定している。
 佐伯哲治社長(61)は「最新鋭の設備で輸送のコスト削減、時間短縮などの効率化が図れる。災害時の中継基地にもなり、公共性も持たせる」と話している。

【きょうの紙面】
(2)光市が自殺対策計画策定へ
(3)マックスバリュが下松市へ41万円
(4)付属光中の2人が陸上、新体操で全国大会へ
(5)下松、光署がうそ電話詐欺未遂で現行犯逮捕

▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html