一言進言

藤井新市長の評価は?

~反市長派市議の質問に疑義~

最近色々な人から「藤井市長はどうかね?」と聞かれることが多い。あれだけ木村市政を批判したから、藤井市政をどう見るか興味を持たれるのだろう。はっきり言えるのは、就任間もないこの時期に評価は無理だ。予算も骨格予算ではなく、前市長の本格的予算を引き継いだ新市長だ。議会でもどんな街を目指すのか、とプランのなさを追及するような質問があったが、本格予算を議決したのは間違いなく今の議員たちだ。

市長が交代するとは思ってもいなかったのだろうが、市長選を控えて、次の市長にほとんど裁量権を与えない本格予算を了承した議会の責任は重い。そんな中、唯一と言ってよいのが「しゅうニャン市」予算の削減だった。選挙戦の大きな公約だったから当然だろう。削減で市民の生活が変わることはない。グッズを作る業者の補償は?の質問には驚いた。あのデザインなどはすべて税金で作ったものだ。

商標登録も市がしている。儲けようと勝手に使ったものだ。パテント料でも納めていれば、いつまでの契約かが問題になる。さらに、2万8千人のサポーターや、250だったか多くの企業団体がパートナーになっていた、この人たちをどうするかと聞く。それだけのサポーターや企業団体が「しゅうニャン市」を残せと思えば、あんな選挙結果にはならない。

もっと言えばふるさと納税が増えたのは「しゅうニャン市」プロジェクトのお陰だと言い切る。どこにそんな根拠があるのか。扱う業者がJTBに代わり、取り扱い品目が大幅に増加したのも要因ではないか。根拠を明確にせず責め立てるのはいかがなものか。反藤井市長は当然で、藤井市政が市民のためにならないなら、どんどん追及すれば良い。

私は木村市政には発足から最初の5年間は批判らしいことは書かなかった。新人だし、自分の施策を打ち出すには、行政経験を少しは積んでからと思っていた。人事についても不満はあったが、我慢した。しかし、「しゅうニャン市」プロジェクトあたりからおかしくなった。次々と不祥事が起こり、行政内部の統制が取れていないと感じ始めた。唯我独尊的な運営が目立ち始めた。多くの人が忠告したが、耳を貸さなくなった。制御できなくなった市議会も少々責任があるのではないか。

藤井市政がどうなるか、今のところ未知数だ。若者がどんどん流出、子どもは減少の一途だ。ウルトラ・Cのアイデアはなかなかないかもしれないが、盗み取りでも良い、先駆的な市町から学ぶことは悪いことではない。

(中島進)

狂気と妄想の世界は隣り合わせ

~平和の誓いを永遠に~

NHKの「なつぞら」を観ている人は、京都アニメーションの炎上、死傷事件は、アニメの制作シーンを頭に思い浮かべて、胸が詰まる思いだろう。障がい者を多く殺害した事件など、このところ正気を失った事件が、度々起こる。どんな心理学者も犯罪者の心理を的確に言い表すことはできないだろう。狂気と妄想の世界で殺害事件は起こっている。

毎年8月になると、6日、9日、15日と、原爆と終戦をテーマに、あの悲惨な時代を振り返る。300万人を超える戦没者への鎮魂が続いてきた。よくぞまああんな悲惨なことが起こせたものかと、人間の持つ狂気と妄想に愕然とする。

戦争中ということで、大量殺戮の原爆も仕方なかったと受け入れられる。日常的な感覚では考えられない殺戮(さつりく)だ。当時は世界中が狂気と妄想の世界に入っていた。数知れない女性や子供たちが命を落とした。大戦終了時、世界中が鎮魂の世界で、二度とこんな惨事を起こさないと誓ったはずだった。

しかし、そんな惨事はすぐに忘れ、戦後74年経った現在も、世界のどこかで殺戮は起こっている。先日ある新聞に、がれきの中で妹を助け出そうと必死にもがく子どもの写真が掲載されていた。シリアでは今この時間にも、殺戮が続いている。何百万人もの避難民が世界中で苦しんでいる。

毎年8月になると、日本中が平和を守ると誓う。しかし、他国の女性や子供たちが、空爆や銃弾で倒れている現実には、まったく無関心だ。アフガン、イラクで数十万人の人々が、殺戮されても無関心だ。京都アニメーションにあれだけ反応する日本人だが、世界中の殺戮には興味を示さない。

狂気と妄想の世界は、かって日本にもあったように、世界中から無くならない。毎年8月に不戦の誓いを立てていても、いつ何時、狂気と妄想にかられた人が指導者になるかも知れない。またいつ何時、かっての日本のように、国民全体がその世界に入るかわからない。常に狂気と妄想の世界が隣り合わせに存在することを意識する8月だ。被害者を何より追悼したい。

(中島進)