一言進言

地場地消を呼びかける

~地元のお店を応援しよう~

地産地消はいつごろから言い出したのか忘れた。10年前にはもう結構言われていた。地産地消の店の認定もひところ流行った。この度周南市議会が地酒で乾杯条例を決めた。これも地産地消運動の一つだ。日本酒で言えば、海外を含め出荷量は増えているが、地元での消費は伸びていないから面白い企画だ。

古い話だが、30数年前、徳山商工会議所の集まりに初めて出て驚いた。テーブル上のお酒は、日本盛など有名どころだけで、地元のお酒は皆無だった。早速事務局に苦言を呈しに行ったが、最近はさすがにそんな状態は皆無だ。

しかし、地産地消はそれなりに進むが、地場のお店で買い物しようと呼びかける運動は無い。いわば地場地消は言わない。周陽のたから、櫛ケ浜のスーパー周南はじめ。下松市、光市も多くの地元スーパーが姿を消した。周南地区のスーパーは、アルクかマックスバリュ、イオングループか、ゆめタウンか、地区外の資本系で大半を占めている。

近鉄松下百貨店が閉店して7年以上になった。多くの市民が閉店を惜しんだ。しかし、なくなると決まって存続を語る市民の多さに驚いた。何故、あなたたちはそれまで広島や博多に買い物にいそいそと出かけていたのか。地元の百貨店に見向きもしなかったのか?

地元のスーパーもそうだ。なくなって初めて不便だと訴える。日頃は新しいから、品物が豊富だから、と買い回り品でも外資本のお店を使っていたではないか。地元に愛着があるなら、なぜ地元のお店を大切に思わなかったのか。齢を重ね、車の運転も覚束なくなって、初めて周囲にスーパーの姿がないことに愕然とする。近所の米屋も、酒店も、八百屋も、魚屋もほとんどが姿を消し、スーパーまでもなくなった。

今や、幹線道路沿いの景色は、どこの町かわからないほど金太郎飴化した。車のディーラー、チェーン店のオンパレードだ。大半の消費者が便利さと安さに走り、地域を見直す余裕がなかった。老いて初めて無機質な街に心が沈んでいく。個人商店のおやじの講釈が懐かしいが、もうかなわぬ夢だ。

そんな中、東ソー生協はすごい。ドアからドアとお客を送り迎えしている。買い物難民となった旧新南陽地区の市民は助かっている。東ソーがバックについているからでもあるが、地元のスーパーあっぱれだ。みんなで東ソー生協に買い物に行こう。(中島 進)

笑顔あふれるお年寄りを

~「R70」創刊に向けて~

先日、日刊新周南で取り上げたが、96歳の女性が押し花で県から表彰された。なんと70歳から始めたそうだ。人生の楽しみ方としては素敵な女性だ。ここ周南も超高齢化社会に突入した。成人の半分はシニア世代になった。

粋で素敵な生き方をするお年寄りもいれば、ついこの間の事故は、原因はわからないが80歳の女性が運転していて73歳の歩行者の女性に衝突、73歳の女性が死亡した。アクセルとブレーキの踏み間違いで店舗などに突っ込む事故も度々になった。カウンター越しに受付の若者をどやしている暴走老人の姿を目にすることも増えた。

ネット社会は、すさまじい勢いで進むが若者たちは対応が早い。一方、キャッシュレス社会に突入するが、お年寄りは何が何だかわからない。何とかペイとかが氾濫する。アナログ社会で生きてきたお年寄りには無理難題だ。お年寄りの情報難民化は激しく進み、情報の嵐の中で孤立していく。窓口で暴走するお年寄りはますます増える。

不審電話は毎日のようにどこかにかかっている。被害にあっても恥ずかしいと相談しないお年寄りも多い。全国で何十億円もの被害が届けられている。隠れた被害はいくらになるかわからない。独居老人が増えれば増えるほど被害は拡大する。

買い物難民など課題はいっぱいだ。行政も子育て支援などで手一杯だ。高齢者福祉も限界に近い。財政支援は難しい。だとすれば情報でお年寄りの生活を守ろうと企画されたのが「R70」だ。まずは周南市で無料の情報誌を多くのお年寄りに届けようという作戦だ。ホームページで見つけないとわからない行政情報から、生活に役立つ情報まで、きめ細かい課題を見つけ、できるだけわかりやすく提供するつもりだ。

何よりも、周南市のお年寄りが、外に出て、近所の人、同じ興味を持つ人を見つけ、イベントに参加、仲間を増やすことが大事だ。それが暴走老人を増やさない最大の防波堤になると信じている。創刊号に向けて市、警察、医師会、社協、老人クラブなど実に多くの団体の協力体制も構築できそうだ。社会貢献に役立つならと多くの企業、団体からの支援も受けた。本当にありがたいことだ。周南市のお年寄りの笑顔が増えると約束したい。暴走老人がいない周南市を目指す。

今月末、乞うご期待を(中島進)