ヘッドラインニュース

最新技術、新商品

やまぐち産業維新展
ものづくり体験も多彩に

 県内企業の最先端技術や新商品などを紹介するやまぐち産業維新展2019が26日、周南市のキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで開かれた。18の技能士会などが参加したものづくり体験フェア、山口県学生デザインコンペティション2019(新周南新聞社など後援)の入賞作品展と表彰式もあった。

徳山商工、熊毛北高生も活躍

 実行委員会の主催。113のブースが並び、水素自動車の展示や水素を作る実験のやまぐち水素エネルギー展、宇宙服やロケットなどの模型も展示した航空宇宙産業展もあった。
 ものづくり体験フェアでは県かわらぶき技能士会による鬼面づくり体験、木工工業会の本立、小物ケース作り、鉄筋技能士会の鉄筋の結束体験、畳技能士会のミニ畳製作の体験や、伝統的な技能を生かした作品の展示もあった。
 県アクティブシニア協会とロボット教室を開いている徳進塾のロボット体験学習会はタイヤで進むクロールロボットの組立体験とレースもあって小学生が挑戦して盛り上がった。

ロボット組立体験の子どもたち
人気を集める周南地域地場産業振興センターのブース

 周南地域地場産業振興センターのブースでは周南ものづくりブランドの認定商品や、周南市の徳山商工高、熊毛北高が市内の菓子店などと連携して作った製品を高校生が販売し、熊毛北高のタピオカゼリーやしょうゆプリン、徳山商工高のかめろんぱんなどが人気を集めていた。

YIC専門学校が入賞独占

 県学生デザインコンペティション2019は県デザイン協会(石丸真弓会長)の主催。専門学校生などのGⅠと高校生などのGⅡの2部門があり、「スポーツ」をテーマに作品を募集し、いずれも県知事賞のデザイン大賞1点、優秀賞、奨励賞2点ずつと入選5点、GⅠは特別賞を選んだ。
 GⅠはYICキャリアデザイン専門学校生がすべての賞を独占し、デザイン大賞は2年の落合真由さん(20)が授賞した。

学生デザインコンペティション2019表彰式の落合さん
落合さんの作品

 GⅡでは周南からは徳山商工高1年の各務帆南さん(16)が入選した。そのほかのGⅠの入賞者は次の通り。(敬称略、学年がない場合は2年生) 
 優秀賞=宮地涼香、浜本悠加▽奨励賞=上野凛音、三浦拓真(1年)▽特別賞=藤井杏花▽入選=久保田彩奈、湯川峻矢、藤村賢斗、友利葵、吉武涼(1年)

【きょうの紙面】
(2)光市で総合福祉大会、束荷神舞で歓迎
(3)11月2日、徳山駅前広場完成イベント
(4)片岡鶴太郎さん講師にチャリティ講演会
(5)徳山商工高の生徒が周央保育園訪問

▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html