ヘッドラインニュース

「どうろをはしるでんしゃ!?」

学研幼児誌が日立の鉄道車両出荷特集

 下松市で7月14日に開かれて約3万5千人の見物客が押しかけた「道路を走る高速鉄道見学プロジェクト」の様子が、学研プラス発行の幼児雑誌「最強のりものヒーローズ」11・12月号に掲載されて、全国的な話題になっている。

日立車両の公開出荷を紹介する誌面

 同プロジェクトは日立製作所笠戸事業所で英国向けに製造した高速鉄道車両を、通常の夜間出荷ではなく、昼間に公開出荷して市内外に幅広く「ものづくりの街くだまつ」を知ってもらおうと開かれた。市と日立、下松商工会議所が連携して取り組んで成功させた。
 同誌では2ページ見開きのイベントレポート「どうろをはしるでんしゃをみてきたぞ☆」で写真12枚を掲載。
 「トレーラーにのったでんしゃが どうろをはしっているぞ!」「やまぐちけん くだまつしには てつどうしゃりょうを つくる こうじょうが あるんだ。くだまつしで つくられた たくさんのしゃりょうが せかいじゅうで はしっているんだよ」とわかりやすい表現で紹介している。この日の出荷の様子は付録のDVDにも収録している。
 A4判56ページ。定価は税込み930円。問い合わせは学研プラス(03-6431-1611)へ。

きょうの紙面】
(2)周南市が総合計画後期基本計画に意見募集
(3)SI光が女子中高生にキャリア講座
(4)平和テーマに中高生がスピーチコンテスト
(5)台風19号被災地へひかり吹奏楽団が寄付

▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html