ヘッドラインニュース

休止中の代々木公園駐車場も

中心市街地の駐車場案内システム


誤表示対策進まず

 周南市の中心市街地で1997年に導入された駐車場案内システムの表示に、休止中の代々木公園駐車場、銀南街駐車場の表示が残り、駐車場を探すドライバーを戸惑わせている。
 このシステムは徳山商店街やその周辺の駐車場が満車になることが多かったことから空いている駐車場に車両を誘導するために導入された。駐車場の位置を示す地図と満車か空きがあるかを示す総合案内板5基、矢印で各駐車場への道順を示す個別案内板9基、予告案内板などがあり、いずれも市役所周辺など幹線道路の中央分離帯や歩道に建てられている。

個別案内板(左)と総合案内板



 2009年度まで使用されていたが、商店街の衰退で駐車場が満車のことがほとんどなくなり、年間500万円の維持費や修繕料も必要になってきたことから満車、空車の表示を中止した。
 その後は駐車場の位置の案内だけになり、廃止の駐車場は表示しないようにするなどしていた。ところが最近になって代々木公園の市営地下駐車場が休止になり、銀南街駐車場も今年夏の停電以後は使用できなくなったが、表示はそのままになっている。
 このため市に新周南新聞社を通じて「知り合いが案内板に従って代々木公園の駐車場に行ったが入れなかった」という苦情が寄せられている。

改修、撤去には多額の費用?


 管理する市道路課では、脚立を使えば手が届く範囲の表示は近くテープなどを張って消す予定。しかし、高さが数メートルある案内板の訂正には高所作業車を使い、場所によっては交通規制が必要で、かなりの費用が見込まれる。
 道路維持管理費の使途は安全確保に直接関係する道路の補修を優先しているため案内板は後回し。案内板ごと撤去するとすればさらに大きな費用がかかる。
 同課によると同様の施設は全国各地にある。維持費がかかることから周南市と同様、すでに使用を中止したが、撤去には費用がかかり、再利用の名案もなく、悩みの種になっているところもあるという。
 徳山駅前図書館の開館で市内外から注目され、訪れる人が増えることも期待されている中心市街地。当面、誤った情報を伝えることのないよう対策が求められている。

【きょうの紙面】
(2)周南市議会がまちづくり総合計画案に意見
(3)障害者のアート作品のカレンダー完成
(4)富田西小児童が周南西部交番を見学
(5)花岡小吹奏楽部が全日本の銀賞報告


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html