一言進言

シティープロモーションより先に

~実情をしっかり把握せよ~

シティープロモーションが大流行(はや)りだ。全国の自治体が「シティープロモーションを」と言い出した。中身を聞くと、もともと各自治体が取り組んできたことをカタカナに言い換えただけで、別に目新しいことではない。誇りが持てるわが町を、もっと認知度を上げることが大切だ、などを「シビックプライド」「シティープロモーション」と言っている。カッコよさを狙ったのか。

周南市は前市長時代に「しゅうニャン市」キャンペーンで大金を投じた。しかし市民の間で賛成派と、市の誇りを馬鹿にしたとの反対派に分かれてしまった。この時点で「シビックプライド」を語れなくなった。専門家によれば「シビックプライド」はシティープロモーションの欠かせない大切な要素だ。

下松市も光市も負けじとシティープロモーションに取り組んでいる。光市は「おっぱい宣言」で愛情いっぱいの子育ての大切さを訴えたり、市民ぐるみのウエディングで街を盛り上げた。下松市は日立の英国向け車両を日中に公開出荷して3万5千人もの見物客が訪れ、ものづくりの市として全国的に名を広めた。

皮肉にも周南市は野犬がのさばっている街として有名になった。民放各局が取り上げて、全国版になって、猫のように自由に歩ける街として展開した「しゅうニャン市」キャンペーンは、今春の市長選と共に消滅した。しかし、周南市の認知度は上がった。テレビの持つ力を改めて思い知らされた。逆に、上手なパブリシティの使い方で、シティープロモーションできることも示された。

地方都市の課題は明白で、若者定住と少子化対策だ。そのためのシティープロモーションはどうあるべきか考えることだ。1歳になる子どもを抱えた人から嘆きの声が届いた。新南陽地区だが、職場復帰しようにも保育園はすでに8人待ちで入所できる可能性は薄いという。たちまち生活に困窮すると訴える。これでは若者にふるさとに帰れと言えない。窓口職員のつれなさも怒りの対象だ。

待機児童ゼロと言うのはどこの根拠から言えるのか。庁舎の豪華さを競うより、目の前の子育てに悩む若者を救うことが先決だ。熊毛地区の保育園では雨漏りが激しく、父母の悩みは大きい。誇りの持てる故郷にすることが肝要だ。それが「シビックプライド」を育む。働くこともままならない現実に行政の壁は厚すぎる。先ずは実情をしっかり把握することだ。シティープロモーションはそれからだ。


(中島進)