一言進言

今年1年ありがとうございました

~常に変化する周南地区を願う~

「令」が今年の漢字なら「新」がわが社の漢字だろう。高齢化社会に突入して、65歳以上が成人の半分以上になった。AIとか何とかで、世界は総デジタル化を目指している。しかしシニア世代はアナログの中で育ち、老いてきた。情報過疎化がどんどん進んできた。行政情報も、店舗情報もみんなホームページ見てくださいとなった。


今年7月、わが社のスタッフと外部のスタッフが集まりR70プロジェクトを立ち上げた。そして9月末、「R70」をついに創刊した。多くの地元企業、大手企業からの支援も受けた。全国でも珍しいシニア世代向けのフリーペーパーだ。財政も緊迫、地方自治体も高齢者に今までのような対応はできない。お金で助けるのが難しい。「R70」をもって、情報でシニア世代を応援することにした。


この新たな企画に、行政も、警察も、医師会も、社会福祉協議会も、老人クラブも賛同し、実に多彩な情報をペーパーで届けることが可能になった。近鉄松下百貨店が無くなり、シニア世代が街中を歩くことがめっきり減った。街中のイベントも若者対象が多かったが、これからは一部シニア世代向けも投入できることになった。


もう一つ新しい出来事は、周南市長が新しくなった。藤井律子市長誕生で変化が生まれる可能性が出てきた。望むべきことは行政の体質を変えてくれることだ。合併によっていびつな人事が16年間続いた。副市長はほとんど旧新南陽市出身者が占め、幹部は全てと言っていいぐらい旧新南陽市組が握った。長く地方自治を取材してきた身からは、確かに弊害が加速度的に発生した感はいなめない。


副市長も県職員出身で、しがらみが無い。新しい風が吹くことは間違いない。周南地区で最も大規模な組織の周南市だけに、一挙に変えることは難しいが、仕事ができ、頭がシャープな人物が管理職につく、当たり前のシステムになれば、職員の意識も変わるだろう。


令和元年も終わる。平成の30年間で最も変化したのが下松市だった。地域格差は顕著だが、人口を増やした変化はあっぱれだった。しかし、周南地区で言えば、毎年1,500人もの人口減であえいでいる。常に変化し続けることが大事だ。これからの30年間で、周南3市が画期的な連携を組み、周南地区で働きたい、生活したい市民を増やすために大胆な改革ができれば、と願うばかりだ。合併騒動から16年。2万人を超える市民が消滅した。特に若者が。


今年1年、「日刊新周南」ご愛読ありがとうございました。私たちも常に変化して、生活に必要な情報を提供し続けます。よろしくお願いいたします。

(中島