一言進言

NGO活動に敬服の念を。

~有馬実成住職を思い出す~

アフガニスタンで中村哲医師が射殺された事件は世界中が悲しんだ。NGO活動でどれだけの活動をしてきたのか、うわべぐらいしか知らないが、アフガンの人々の嘆きようを見ると、偉大な人だったのだと感動した。引っ込み思案な日本人らしからぬ日本人だったのだろう。


同じくNGOで思い出したのは、ここ周南市櫛ケ浜の原江寺住職だった有馬実成さんだ。1980年代には既に東南アジア、特にタイやカンボジアの難民支援活動に乗り出し、衣服を集めて送ったり、現地の言葉に訳した絵本を贈ったり、実に多様な支援活動を展開していた。当時「NGOの有馬」と言われていた。


25年前の阪神淡路大震災の時には、真っ先に現地に入ってボランティアの先頭で活躍し、震災現場で知らない人はいないと言われていた。話は聞いていたが、実際、有馬住職のすごさを実感したことがある。


有馬住職が亡くなってしばらくしてだが、わが社は当時長野県知事だった田中康夫さんを招いて講演会を開催した。時の人で大層忙しくしていた御仁だけに、東京まで出向き、電車の中で口説いた思い出のある講演会開催だった。こんな名もない小新聞の願いをよくぞ聞いてくれたと感激したものだ。


その理由の一端が分かったのは、田中康夫さんが徳山入りしてからだ。彼は阪神淡路大震災で初めてボランティア活動に参加したそうだ。その時リーダーとしてボランティア集団を率いていたのが有馬実成住職だった。温かく、優しく、抜群の決断力に圧倒されたという。


有馬住職を恩師と慕う田中さんの願いで、講演の翌日、原江寺に有馬住職の墓参りに出向いた。有馬住職との出会いが彼の人生を大きく変えたのかもしれない。小説家として脚光を浴びていたのが、政治の世界で破天荒と言われる存在になった。ちなみにNHKの「ニュース9」のキャスター・有馬嘉男さんは有馬住職の長男だ。


世界中に困窮している人々がいる。その人たちへ手を差し伸べ、少しでもましな生活と活動するNGO活動家たちにもっと理解が必要だ。ここ周南ではベトナムに401台もの車いすを贈り続けているNPO国際ボランティアIMAYAの理事長の岩本功医師もその一人だ。新興国の発展に寄せる熱く優しい思いには頭が下がる。

(中島