ヘッドラインニュース

「優和」校訓に4月開校へ学生募集

下松デンタルアカデミー専門学校

県東部唯一の歯科衛生士養成機関に

テープカットをする左から栗原教授、原野会長、国井市長、三宅理事長

 広島県海田町の学校法人三宅学園(三宅雄次郎理事長)が下松市東柳1-6-2に建設していた歯科衛生士養成の「下松デンタルアカデミー専門学校」の校舎が完成し、28日に完工式が開かれた。4月6日(月)に開校式・入学式を開き、1学年40人の3年制で第一歩を踏み出す。
 三宅学園は広島市南区で広島デンタルアカデミー専門学校を経営しており、下松で2校目。校舎はハローワーク下松(下松公共職業安定所)の南側でJR山陽本線に面した908.45平方メートルに建設した。
 鉄骨2階建て、延べ1076.98平方メートルで、教育施設研究所が設計し、りんかい日産建設が施工した。
 歯科衛生士を養成する県内の専門学校は山口市に1校しかなく、県東部に歯科衛生士の養成機関の新設が求められていた。
 完工式には約70人が出席。三宅理事長や校長に就任予定の栗原英見広島大学大学院教授、国井市長、下松歯科医師会の原野有正会長が玄関前でテープカットをして始まった。
 バドミントンコートも兼ねた2階ホールで開いた式典で三宅理事長は「下松の地を選んでよかった。広島にない素晴らしい教育環境をこの学校で実現したい」とあいさつ。国井市長や原野会長が祝辞を述べ、原野会長は同校の下松進出を伝える2018年2月2日の日刊新周南の記事を示しながら「私たち歯科医師会も学校運営に全面的に協力していく」と開校を歓迎した。
 続いて栗原教授が学校の概要を説明。学校の校訓を広島校と同じ「優和」と定め「口腔だけでなく、全身の健康増進を提案する拠点にしたい」と方向性を出し、下松歯科医師会にも「研修の場として開放したい」と連携を深める考えを示した。

日刊新周南を示して祝辞を述べる原野会長
実習室を見学する関係者

 同校によると、この日現在の入学予定者数は定員40人のほぼ半分の19人。すでに3回の入試がすんでおり、第4回を2月22日(土)、第5回を3月22日(日)に開いて定員充足を目指す。
 式典に続いて一般向けの内覧会が開かれ、高校生や保護者らが訪れて、実際の歯科診療所で使うものと同じ機材がそろった実習室など設備の整った校内を見学していた。入学の問い合わせは同校開設準備室(082-264-7000)へ。

【きょうの紙面】
(2)周南市がコロナウイルス対策で庁内会議
(3)下松市の山下工業所の第1西工場完成
(4)横領で日立笠戸協組の元女性職員逮捕
(5)久保小児童が「亥の子つき」体験


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html